So-net無料ブログ作成

「旭医だより」と彗星の記録、そして2018年を振り返る [彗星]

今年度、地元の業界誌「旭医だより」の依頼で表紙の写真を2回飾った。会員の活動、短歌や俳句、趣味といったものも含まれるものの、地域の医療に関係する内容が主体の雑誌である。年3回発行中の2回の表紙写真が天体写真ではちょっと片寄っているような気もするが、依頼なので良しとしよう。

●旭医だより(2018年4月、2018年12月)
kyokuidayori.jpg

今年はジャコビニ・チンナー彗星やウィルタネン彗星といった比較的明るい彗星がみられた。ただ私が見てきた長い尾を引いた明るい彗星は今年も現れなかった。それらの大彗星は、ベネット彗星(1970年)、ウェスト彗星(1976年)、百武彗星(1996年)、ヘールボップ彗星(1997年)などだ。まだ写真撮影はしていない時代のものばかりである。

私が天体写真を撮り始めてから現れた彗星のうち比較的明るく撮影できたものをまとめてみた。

●比較的明るかった彗星(2013〜2018)
commet1.jpg
commet2.jpg
commet3.jpg

【撮影機材】
・EOS 7D + EF-S 85mm F5.6;パンスターズ2013、レモン2013、ジャック2014
・EOS kiss X3 + EF400mm F5.6L;ラブジョイ2013
・EOS 5D Mark III + Prominar 350mm, F4.0;カタリナ2015、タットル・ジャコビニ・クレサーク2017、ジョンソン2017、アサシン2017
・EOS 6D (HKIR) + Prominar 500mm, F5.6;ジャコビニ・チンナー2018
・EOS 6D (HKIR) + BORG107FL, 624mm, F5.8;ウィルタネン2018


この1年(2018年)

ブログ写真から各月1〜2枚ピックアップして、この年を振り返ってみたい(2018/12/31追記)

【2018年1月:皆既月食 スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン】
2018年1月31日の皆既月食は、スーパームーンかつブルームーンだったことと皆既月食で赤銅色になることからNASAがスーパー・ブルー・ブラッド・ムーンと名付けた。仕事終了後年休を取って、雪の旭川を出発。北見市の隣の端野町は快晴で皆既月食の全課程を撮影できた。

●月食の全経過と地球の影
moon20180131-3.jpg

【2018年2月:タウシュベツ橋梁、ユキホオジロ】
崩壊が近い言われているタウシュベツ橋。崩壊前にタウシュベツ橋梁と星空を撮影しておきたい。2月16日、Mさんに誘われて急遽一泊二日で糠平に行くことになった。

●タウシュベツ橋梁と冬の星座
0K6A4718-93.jpg

旭川近郊〜東川にユキホオジロがやって来た。車で走行中30〜40羽くらいの白い鳥の群れが飛んでいるのが見えた。「ユキホオジロだ!」。

●ユキホオジロ(奥さん撮影)
DSCF0128-s4.jpg

【2018年3月:エゾモモンガ】
幸運にも日中に活動しているモモンガに出くわした。巣で寝ているメスに外からオスが求愛しているように見えた。

●エゾモモンガの求愛
0K6A5811-9.jpg

【2018年4月:クマゲラとイスカ】
4月5日我が家のアイドルだったポメラニアンのボン(リクの母)が15歳で天国に天国に召された。4月8日雪の降る東川で、木の切り株をしきりにつついて樹液をなめるクマゲラに遭遇した。

●樹液をなめるクマゲラ♀
0K6A8816-9.jpg

今年はイスカの集団が比較的長期間東川に居座っていてくれた。4月14日50~60羽のイスカ群れに出くわした。

●イスカ♂と♀
1E0A8672-7d1.jpg
0K6A9008-9.jpg

【2018年5月:もりまち桜まつりとコゲラ】
5月5日「もりまち桜まつり」会場のオニウシ公園で桜に巣作り中のコゲラのカップルがいた。

●桜とコゲラの巣作り
0K6A0342-10w.jpg

【2018年6月:新機種導入】
7月31日の火星大接近に備えて、望遠鏡 セレストロンEdgeHD800 (D203mm f2032mm)、ビクセンSXD2赤道儀、CMOSカメラ ZWO ASI290MC、ZWOASI174MC、バーローレンズ テレビューPowermate 2.5x、大気分散補正装置 ZWO ADC、赤外-紫外カットフィルター ZWO IR/UVカットフィルター 1.25"を導入した。

ZWO ASI290MCを惑星用、ZWOASI174MCを月面用とし、FireCaptureで動画画像取得、AutoStakkert!で画像スタック、 RegiStax 6でwavelet処理、StellaImage 8で画像復元する方法を取得した。

●BORG107FLとZWO ASI174MCによる月面撮影;6月22日 月齢8.3
moon215238_3000_20W2.jpg

BORG107FL + 1.4 xテレコン + 1.08x フラットナー使用

【2018年7月:火星の大接近】
7月27日新システムで大接近中の火星、木星、土星を撮影した。旭川(北海道)はシーイングの悪いことが多く惑星面の撮影には適さないと思われるが、この日はシーイングが比較的良かった。

●火星
Mars_003835_d350_20180708-2.jpg
●木星
Jup_204805_D350_20180708SI2.jpg
土星
Sat_231533_D350_20180728SI2.jpg

【2018年8月:ノゴマ】
月明かりの無い最良条件だったはずのペルセウス座流星群、旭川周辺だけでなく全道的な天候不良のため移動観察も断念した。8月19日小清水原生花園でノゴマ、ノビタキ、ホオアカの幼鳥たちに遭遇した。

●ノゴマ
1E0A9454-7d1.jpg

【2018年9月:黄道光とジャコビニ・チンナー彗星】
9月21日 3時半ごろ旭川空港近くの農道脇でジャコビニ・チンナー彗星を撮影時、黄道光が見えていた。

●ジャコビニ彗星の撮影と黄道光
0K6A2120-2.jpg
●Giacobini-Zinner彗星/21P
giacobini20180921-2PS2.jpg

【2018年10月:EOS 6D (HKIR改造)による赤い星雲】
10月5日深夜、美瑛の青い池第2駐車場で北アメリカ星雲 NGC7000、10月14日士幌町の「ヌプカの里」
でカリフォルニア星雲 NGC1499を撮影した。

●北アメリカ星雲 NGC7000
NGC7000_181005-2.jpg
●カリフォルニア星雲 NGC1499
NGC1499_20181014PS-2.jpg

【2018年11月:天体観測用レーザーポインターと428による星雲】
星空の解説用にLaserCheap;500mWグリーン天体観測用レーザーポインターを購入した。11月2日深夜、美瑛の青い池の駐車場で照らしてみた。これは凄い。野鳥用のEF400mm F2.8L IS USM望遠レンズをVixen SXD2赤道儀に取り付けて星雲用に使用してみた。非常に明るく撮影できるものの、F2.8のままでは背景が白っぽくなってしまうため画像処理を要した。

●500mWグリーン天体観測用レーザーポインター
0K6A2921-10-2.jpg
●428によるNGC2024 馬頭星雲
NGC2024_20181102-3.jpg

【2018年12月:ウィルタネン彗星】
12月に入りウィルタネン彗星(46P)が明るくなっているはずだが、旭川はまったく晴れない。12月8日快晴の帯広の八千代牧場で星空観察会が開かれ、やっと撮影することができた。

●Wirtanen彗星/46P
normcomp5-4.jpg

なお、月没後には最良の条件となる12月14日のふたご座流星群も天候不良で見ることができなかった。今年は最良の条件だったペルセウス座流星群とふたご座流星群を撮影出来なかったのが残念だった。


●部分日食情報

2019/1/6(日)に全国的に部分日食が見られます。観察には日食専用のサングラスが必要です。北の地方ほど大きく欠けます(札幌42.3%、東京29.9%、鹿児島16.7%)。

    食の開始  食の最大 食の終わり
札 幌 08:46:30 10:13:27 11:47:21
東 京 08:43:48 10:06:00 11:36:34
鹿児島 08:40:28 09:46:30 11:00:33


nice!(39)  コメント(18) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

執念のウィルタネン彗星とやっと冬鳥きたイタダキ※ [彗星]

明るくなったウィルタネン彗星や出現数の多いふたご座流星群をしりめに、晴れた日が一日もない旭川。こういう時は晴れている道東に遠征するのが常だった。ところが、ふたご座流星群のピークでウィルタネン彗星も期待できる12月14日(金)〜12月15日(土)は、欠席不能な忘年会やら祝賀会やらで潰れた。その後はふたご座流星群の流星数が少なくなり、月が明るくなってウィルタネン彗星も見づらくなってくる。夜、時間のできた12月18日(火)はギリギリのタイミングでこれらが見られるかも知れない日と思われた。

【12月18日(火)】
午後3時、時間休をとって帰宅。奥さんと共に帯広に向かった。新得を過ぎると急に晴れてきた。帯広に着いて国道沿いのびっくりドンキーで夕食を摂り、帯広の森近くのいつもの観測場所に行った。風が冷たい。氷点下12℃、寒かった。

う〜ん、明るい。月明かりが思いの外明るいのと、光が薄い雲に反射して空全体を照らしている。明日は普通の勤務だから、月が沈むのを待ってはいられない。前回楽に見えたウィルタネン彗星は、月明かりがると6x30mmファインダーでは見るのも困難だった。一応標準レンズとBORG107FLで撮影を試みた。

●月明かりのある夜空 2018/12/18 21:52(EOS 6D (HKIR) + Sigma 14mm F1.8 DG HSM, F2.8, ISO800, 15秒)
IMG_5433-6d1-2.jpg

●標準レンズによるウィルタネン彗星 2018/12/18 21:29(EOS 6D (HKIR) + EF24-70mm (26mm), F4L, IS, USM, F4.0, ISO1000, 20秒;トリミング)
IMG_5401T3b.jpg
●標準レンズによるウィルタネン彗星:画像処理後(StellaImage8で背景色を変更)
IMG_5401T3.jpg

BORG107FLでもウィルタネン彗星を撮影していたが、ガイド不良により流れた写真ばかりとなってしまった。BORG107FLでは月面撮影もしておいたので提示する。最近はCMOSカメラを使っている。デジタルカメラにより1枚撮りの月面撮影は久しぶりだった。

●BORG107FLとVixen AP-WM赤道儀
IMG_7825-iP7.jpg

●月齢11.2 2018/12/08 20:26(EOS 5D Mark III + BORG107FL, 1.4 x TELECON GR + 1.08x FLATTENER, 907mm, F8.5, ISO500, 1/400秒)
0K6A3820-10.jpg

【12月22日(土)】
三連休の一日目。朝から雪が降っていた。雪の降りが少し弱くなったので、東川のキトウシ森林公園に出かけた。聞こえるキクイタダキの鳴き声がしている。撮影開始後しばらくして、近くにやって来た個体がいたのでたくさん撮影出来た。他に、ゴジュウカラとオオアカゲラを撮影して引き上げた。

●キトウシ森林公園
IMG_7829-iP7.jpg
↑奥さん   

●キクイタダキ(EOS 5D Mark III + EF400mm F5.6L USM;以下同じ)
0K6A4172-10.jpg

0K6A4173-10.jpg

0K6A4174-10.jpg

0K6A4175-10.jpg

0K6A4120-10.jpg

●ゴジュウカラ
0K6A4048-10.jpg
●オオアカゲラ
0K6A4180-10.jpg

【12月23日(日)】
三連休の二日目。昨日同様同キトウシ森林公園に出かけた。曇天で昨日より暗くて写りはかなり良くなかった。シマエナガ、コゲラ、キバシリを撮影した。

●シマエナガ(EOS 5D Mark III + EF400mm F5.6L USM;以下同じ)
0K6A4229-10.jpg
●コゲラ(同)
0K6A4215-10.jpg

●シマエナガ(FinePix S1;奥さん撮影)
DSCF1848-s4PM.jpg
●キバシリ(同)
DSCF1857-s4.jpg


※キクイタダキは北海道では留鳥ですが、冬によく見られるため冬鳥と表現しました。


nice!(38)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

やっとウィルタネン彗星と留鳥たち、そしてツグミがやって来た [彗星]

12月に入りウィルタネン彗星(46P)が明るくなり、地球へ最接近する12月16日ごろには3.5等級の肉眼彗星になることがアナウンスされている。旭川市は冬期晴れないことが多く、12月はまったく晴れない状態だったからウィルタネン彗星を見ることができなかった。

【12月8日(土)】
12月8日帯広の八千代牧場で星空観察会が開かれた。道東は冬期晴れのことが多く、この日も快晴だった。星空観察会のメンバー以外の一般の方も参加されるとのことだったので、星座解説用に500mWグリーンレーザーポインターを持って行った。何人かの方にレーザーポインターで示されると分かりやすいと言われて満足。

●日の出:帯広八千代牧場にて
IMG_7808-iP7.jpg

この日はとても寒かったので、撮影はウィルタネン彗星にしぼって、早々に引き上げて八千代カウベルハウスの部屋で暖かく過ごした (^^) ウィルタネン彗星に限らず、彗星は動きが速いため露出時間が長くなると背景の恒星に対して動いて写るため、露出は2分と10分(2分 x 5枚)にして提示した。撮影機材はBORG107FL, 1.08X flattener, 624mm, F5.8+Vixen SXD2赤道儀+M-GENオートガイダーである。

●ウィルタネン彗星:1枚撮り 2018.12.8 20:04 EOS 6D (HKIR), ISO3200, 露出2分
IMG_5333-6d1-2.jpg

●ウィルタネン彗星:コンポジット 2018.12.8 20:08 EOS 6D(HKIR), SO3200, 露出10分 (2分 x 5枚)
normcomp5-4.jpg

●撮影機材 SXD2赤道儀にBORG107FL+EOS6D (HKIR)とSigma 14mm F1.8 DG HSM+EOS 5D Mark IIIを載せた。
IMG_7801-iP7.jpg

流星目的で撮影して広角レンズの写真にウィルタネン彗星が写っていたので2Xにトリミングして示した。

●広角によるウィルタネン彗星(矢印)2018.12.8 20:05 EOS 5D Mark III + Sigma 14mm F1.8 DG HSM, F1.8, ISO1600, 60” LEE No.3
0K6A3606-n3.jpg

【12月9日(日)】
帯広の病院に入院中の母を見舞ってから、帯広緑が丘公園で探鳥して旭川に帰った。緑が丘公園では毎度お馴染みのゴジュウカラ、ハシブトガラ、シジュウカラ、エゾリスに遭ってきた。

●ゴジュウカラ(EOS 5D Mark III + EF400mm F5.6L USM;以下同じ)
0K6A3730-10.jpg
●ハシブトガラ
0K6A3777-10.jpg
●シジュウカラ
0K6A3803-10.jpg
●エゾリス
0K6A3790-10.jpg

【12月10日(月)】
奥さんが自宅横の東部中央公園をリクと散歩中に今季初のツグミを撮影してきた。

●雪の東部中央公園とリク(FinePix S1;奥さん撮影)
DSCF1797-s4.jpg
●ツグミ(同)
DSCF1803-s4.jpg


nice!(38)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ソフトフィルターの取り付けと母の手術 [野鳥・天文]

旭川は11月はじめから天候不良がつづいている。全国的に晴れていても、道北地方は曇り〜雨になっていた。11月23日初雪が積もった。11月24日〜11月25日所用のため札幌出張していたから、ブログネタの写真を撮ることができなかった。11月26日深夜、ときどき雲間から月が見えた。冷たい強風の吹く自宅バルコニーで久しぶりに月を撮影した。

【11月27日(火)】
●バルコニーで月面撮影
IMG_7786-iP7.jpg

●月齢19.0 2018.11.27 01:05:34〜(61秒+54秒;2枚合成)
moon20181127-2.jpg
BORG107FL, 1.4 x TELECON GR + 1.08x FLATTENER, 907mm, F8.5, ZWO ASI174MC, 1000 Frames AS!2 20%stack, Registax6 wavelet, StellaImage8 画像復元

【ソフトフィルターの取り付け】
以前から広角レンズSigma 14mm F1.8 DG HSMを星空撮影に使用してきた。明るい星を目立つようにするにはソフトフィルターが必要である。出目金レンズSigma 14mm F1.8 DG HSMにソフトフィルターを取り付けるためには、リアフィルターホルダーの取り付けが必要となる。このためにはレンズを郵送してSigmaで着けてもらうか、またはリアフィルターホルダーを購入して自分で取り付ける必要がある。

11月18日にリアフィルターホルダーが届いたので自分で取り付けた。細いマイナスドライバーさえあれば取り付けは簡単だった。その後、まったく晴れずソフトフィルターを使う機会がない日が続いていた。

●リアフィルターホルダーの取り付け
S14F18SoftFilter.jpg
3個のネジをはずし、リアフィルターホルダーと入れ替えてネジで止めるだけである。LEE No.3ソフトフィルターを用い、リアフィルターホルダーに付属する金型にそって切除線を書いてハサミで切断、ソフトフィルターができる。これを取り付ける。

【11月28日(水)】
11月29日に母の手術が予定されていた。このため、年休を取って11月28日(水)帯広に向かった。夜、帯広は晴れていた。やっとSigma 14mm F1.8 DG HSMにソフトフィルターを着けて夜空を撮影することができた。ただ撮影地は空が明るかったから露出は15秒程度しかかけられなかった。母の手術は無事終了し、11月29日旭川に帰った。

●冬の星座 2018.11.28 20:52 EOS 6D (HKIR) + Sigma 14mm F1.8 DG HSM, F1.8, ISO1600, 15”+LEE No.3
IMG_5318-2-6d1.jpg


【12月2日(日)】
12月1日(土)午前の仕事を終え、昼食後帯広に向かった。母は術後の痛みはあるようだが順調に経過しているようだった。夜は曇ってしまったから夜空の撮影はできなかった。12月2日も母を見舞ってから、帯広緑が丘公園に寄ってから旭川に帰った。緑が丘公園ではアカゲラ、ハシブトガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラを撮影出来た。

●帯広市児童会館;緑が丘公園内
IMG_7794-iP7.jpg

●アカゲラ(EOS 5D Mark III + EF400mm F5.6L USM;以下同じ)
0K6A3459-10.jpg
●ハシブトガラ
0K6A3495-10.jpg
●シジュウカラ
0K6A3501-10.jpg
●ゴジュウカラ
0K6A3531-10.jpg

0K6A3545-10.jpg


nice!(42)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー