So-net無料ブログ作成

神出鬼没のキレンジャクとキトウシのカケスなど [野鳥]

【1月17日(水)〜1月18日(木)】
今年はキレンジャクの飛来が明らかに少ない。そんな中、1月17日朝、出勤時に自宅横の東部中央公園にキレンジャクの小集団が来ているのに気づいた。そして翌日もここにやって来たようだ。当方仕事のため、両日とも奥さんが撮影した。

●東部中央公園:1月17日(iPhone 7 Plus)
IMG_5759-iP7.jpg
●キレンジャク:1月17日(FinePix S1;奥さん撮影)
DSCF9841-s3.jpg

DSCF9843-s3.jpg
●キレンジャク:1月18日(FinePix S1;奥さん撮影)
DSCF9875-s3.jpg

DSCF9887-s3.jpg

【1月20日(土)】
朝から晴れていたが、午前中は仕事だった。天気予報では午後から曇り〜雪になっていた。なか卯で昼食後まだ快晴状態だった。自宅に戻ると、車庫前のナナカマドの木にツグミたちが行き来していた。

●ツグミ:自宅車庫前(EOS 5D Mark III + EF400mm F5.6L USM)
0K6A3660-9.jpg

曇らないうちに野鳥撮影したい。リクの散歩を短時間で終わらせて、急いでキトウシ森林公園に向かった。現地に着くとたくさんの野鳥の声が聞こえた。オオアカゲラ、コゲラ、キクイタダキ、ミヤマカケスを矢継ぎ早に撮影することができた。

●キトウシ森林公園:1月20日(iPhone 7 Plus)
IMG_5765-iP7.jpg
●オオアカゲラ(EOS 7D Mark II + EF400mm F5.6L USM;以下同じ)
1E0A1611-7d1.jpg

1E0A1599-7d1.jpg
●コゲラ
1E0A1689-7d1.jpg
●キクイタダキ
1E0A1667-7d1.jpg

1E0A1849-7d1.jpg

1E0A1852-7d1.jpg

1E0A1855-7d1.jpg
●ミヤマカケス
1E0A1783-7d1.jpg

1E0A1761-7d1.jpg

午後3時頃急速に曇ってきて、暗くなったから引き上げることにした。車を走らせてすぐに、高い木の上にキレンジャクたちが来ているのに気づいた。慌てて車を駐めて撮影した。あっという間に飛び去っていった。先週もここで旭川方向に飛び去るキレンジャクの小集団を目撃していた。今年はキレンジャクの飛来数は少ないものの、あちこちに出没しているようだ。

●キレンジャク:1月20日
1E0A1956-7d1.jpg



nice!(43)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フラットナーの改善とキトウシのキクイタダキなど [野鳥]

【1月11日(木)】
自宅横の東部中央公園にやっとたくさんのツグミがやってきた。

●東部中央公園のツグミ(FinePix S1;奥さん撮影)
DSCF9789-s3.jpg

【1月12日(金)】
旭川は天気予報ではずっと曇っているのだが、ときどき予想外に晴れてくる。1月11日と1月12日も天気は良い方向に外れた。夜、雲は多いものの、マルチフラットナー1.08x DGのコマ収差問題解決のため撮影に出かけた。2日間とも、美瑛の青い池付近の撮影地に着くとほぼ快晴であった。

マルチフラットナー1.08xDGをBORG107FLで使用する場合、640の文字がギリギリかくれる位置に設定すること、カメラマウントとの接続をM【7000】からM57→M49.8ADSS【7923】に変更するが推奨されていたので、この通りにして撮影してみた。1月11日の撮影では、コマ収差は期待通りに解消されていたが、フォーカスの甘い写真になってしまった。1月12日もう一度、今度はフォーカスに注意して撮影した。

●冬の星座:美瑛青い池付近 2018.1.12 23:55(EOS 5D Mark III + Sigma 15mm EXDG fisheye F3.2, ISO3200, 30秒)
0K6A3231-9.jpg

●撮影システム:BORG107FL 600mm F5.6, マルチフラットナー1.08×DG, EOS 6D (HKIR改), Vixen AP-WM赤道儀, M-GEN, PROTAGEヒーター
IMG_5740-iP7.jpg

●M42 2018.1.12 23:44〜 ISO2000, 露出32分 (120秒 x 16枚)
M42_20180112-23.jpg
●馬頭星雲 2018.1.12 24:26〜 ISO2500, 露出32分 (120秒 x 16枚)
bato_20180113-23.jpg

今回の設定では、コマ収差は完全に解消されていた。しかし、これまでの写真に比べるとフォーカスが甘く、星雲の細かな写りが悪かった。星像も大きかったので、StellaImage 8でシャープに小さくしものの、いまいち納得のいかない出来になってしまった。もう少し試行錯誤が必要と思う。

【1月14日(日)】
この日も天気予報では日中曇りであったが、午前中は雲一つない快晴になった。いつものようにキトウシ森林公園に向かっていると、旭岳が綺麗に見えた。キトウシ森林公園ではキクイタダキ、マヒワ、コゲラを撮影した。おもに、しばらく未使用であった修理後のEOS 7D Mark IIを使用した。

●大雪山旭岳(iPhone 7 Plus)
IMG_5744-iP7.jpg

●キトウシ森林公園(iPhone 7 Plus)
IMG_5746-iP7.jpg

●キクイタダキ(EOS 5D Mark III + EF400mm F5.6L USM)
0K6A3492-9.jpg

0K6A3560-9.jpg

●キクイタダキ(EOS 7D Mark II + EF400mm F5.6L USM;以下同じ)
1E0A1282-7d1.jpg

1E0A1288-7d1.jpg

1E0A1292-7d1.jpg
●マヒワ
1E0A1398-7d1.jpg
●コゲラ
1E0A1464-7d1.jpg



nice!(38)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

M-GENによる試し撮りとオジロワシ・オオワシ in 浦河 [IR改造]

天体写真撮影の際、長時間露出するために必須なのがオートガイダーである。ハンガリー製オートガイダーLacerta M-GENを購入したものの未使用だった。付属するマニュアルが分かりづらいことが一つの原因だった。「凧と空中散歩」というブログを書いている大分県の方が、とても分かりやすくM-GENの使い方を解説してくれていた。これなら簡単に使えそうだ。

【1月6日(土)】
旭川はぜんぜん晴れないため、1月6日(土)午後、雪の旭川を出発。昨年と同じ「うらかわ優駿ビレッジAERU」に向かった。浦河に近づくにつれて晴れてきた。AERUには午後7時ごろ着いた。予定通り快晴である。夕食および温泉に入った後、AERU近くの撮影地に行って準備していると月が昇ってきてしまった。月明かりのためISO1600、90秒が限界だった。RAW画像をStellaImage 8でコンポジット、画像処理、PhotoShop CS5で調整、トリミングした。

●撮影システム:BORG107FL 600mm F5.6, マルチフラットナー1.08×DG, EOS 6D (HKIR改造), Vixen AP-WM赤道儀, M-GEN, PROTAGEヒーター
IMG_5684-iP7.jpg

●オリオン座大星雲M42と馬頭星雲
M42Bato_20180106.jpg

左:M42 2018.01.06 22:33 ISO1600, 露出30分 (90秒 x 20枚)
右:馬頭星雲 2018.01.06 23:20 ISO1600, 露出31分30秒 (90秒 x 21枚)

M-GENで2軸補正を行い、正常に動作することを確認した。問題は強いコマ収差を生じたことだった。BORG107FLとマルチフラットナー1.08×DGによる作例をみても、これほど強いコマ収差は生じないようなので、フラットナーの設定が悪いものと思われる。次回はフラットナーの設定を1mmごとに変えて撮ってみたい。

月がだいぶ高くなってきたのと、とても寒いので月面撮影して引き上げた。シーイングは非常に悪かった。

●月齢19.4 2018.1.7 00:08(ISO400, 1/640秒)
IMG_4106-6d1.jpg

【1月7日(日)】
朝食後うらかわ優駿ビレッジAERUを出た。静内川河口、沙流川河口を回って、平取町の「くろべこ」で昼食を摂って雪の旭川に戻った。

●うらかわ優駿ビレッジAERU
IMG_5695-iP7.jpg

●静内川河口の白鳥とマガモ(iPhone 7 Plus)
IMG_5698-iP7.jpg

●静内川河口のオジロワシやオオワシ(EOS 5D Mark 3 + EF400mm F5.6L USM;以下同じ)
0K6A3193-9.jpg
●オジロワシ
0K6A3150-9.jpg
●オオワシ
0K6A3171-9.jpg

●沙流川にかかる鉄橋のアオサギ(幼鳥)とオオワシ
0K6A3205-9.jpg



nice!(37)  コメント(16) 
共通テーマ:趣味・カルチャー