So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

CMOSカメラによる木星・土星・火星の撮影 −第2報− [惑星・月]

【7月11日(水)】
まったく晴れない日が続いていたし、一時的に晴れても最悪のシンチレーションでまともな写真が撮れない状態だった。そんな中、7月11日ついに深夜0時ごろまで晴れる予報が出た。知らなかったが、この日の前日は金星がレグルスにもっとも接近する日だった。奥さんがネットニュース情報「金星とレギンスが近づく」と教えてくれた。少し違っているが意味は分かった。ただ曇っていて見られなかった。

午後8時ごろから自宅バルコニーで惑星撮影の準備を始めた。確かに金星がレグルスに近づいている。

●惑星撮影機材:セレストロンEdgeHD800 (D203mm f2032mm) + Vixen SXD2赤道儀 + HP ProBook
IMG_6715-iP7.jpg

天文ガイド2018年8月号に、月惑星研究会の熊森さんによる「惑星画像処理にチャレンジ 第3回 RegiStax6を使ったウェーブレット処理」という記事が掲載された。私の自己流のやり方と異なり、レイヤー1とレイヤー2の強調処理をプレビューのスライダーを100にして、DenoiseとSharpenで処理するものだった。レイヤー3と4も加えてやってみた。こちらの方が表面模様の表現を調整しやすいようだ。

●RegiStax6によるウェーブレット処理の例
registax2.jpg

この日のシーイングは最良ではなかったものの比較的良かった。土星の輪のカッシーニ空隙がPCのキャプチャー画面ではっきり確認できるくらいのゆらぎの程度だった。木星は冷却CMOSカメラ QHY290C とCMOSカメラ ZWO ASI290MCで、土星と火星はASI290MCで撮影した。

木星像はQHY290Cのほうが少し綺麗でZWO ASI290MCはやや粒子が荒いように見える。ただ大きな違いは無いようだ。QHY290CはFireCapture 2.5と相性が悪くて、画面サイズがうまく設定できなかった。

●QHY290Cによる木星 2018-07-11 20:51:36~20:53:33
Jup_205234_180711bl.jpg
●QHY290Cによる木星2 2018-07-11 21:52:50~21:57:54
Jup_215522_D3_20180708SI-bl.jpg
Camera=QHY290C + Powermate 2.5x + IR cut filter + ZWO ADC
FireCapture v2.5, Filter=RGB, Profile=Jupiter, Diameter=40.19"
Frames captured=5000, AS!2.6.8 50%stack, Registax6 wavelet, StellaImage8 画像復元

●ZWO ASI290MCによる木星 2018-07-11 22:19:28~22:25:19
Jup_222224_D3_20180708SI-bl.jpg
Camera=ZWO ASI290MC + Powermate 2.5x + IR cut filter + ZWO ADC
FireCapture v2.5, Filter=RGB, Profile=Jupiter, Diameter=40.19"
Frames captured=5000, AS!2.6.8 50%stack, Registax6 wavelet, StellaImage8 画像復元

●FireCaptureの画面:土星
IMG_6741-iP7.jpg

●土星 2018-07-11 23:30:34~23:48:30
Saturn20180711.jpg
Camera=ZWO ASI290MC + Powermate 2.5x + IR cut filter + ZWO ADC
FireCapture v2.5, Filter=RGB, Profile=Saturn, Diameter=18.23"
Frames captured=4000, AS!2.6.8 50%stack, Registax6 wavelet, StellaImage8 画像復元

火星は2018年5月末にダストストーム(大黄雲;砂嵐)が発生、徐々に火星全体に広がっているため、表面模様が見えにくい状態になっている。

●火星 2018-07-12 00:57:32~00:58:00
Mars20180711.jpg
Camera=ZWO ASI290MC + Powermate 2.5x + IR cut filter + ZWO ADC
FireCapture v2.5, Filter=RGB, Profile=Mars, Diameter=22.70"
Frames captured=5000, AS!2.6.8 50%stack, Registax6 wavelet, PhotoShop CS5カラーバランス調整

nice!(22)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

下川の万里長城と富良野の鳥沼公園への道すがらですが [野鳥]

【7月7日(土)】
豪雨被害地域を含めて全国的に天候不良である。旭川は曇っていた。数年ぶりに下川町にある万里長城に行ってみた。探鳥は不調、出発前自宅横の忠別川河川敷でみたホオジロ、万里長城でみたヒヨドリとハクセイキレイのみだった。

●下川町の万里長城
IMG_6686-iP7.jpg
●ヒヨドリ(EOS 7D Mark II + EF400mm F5.6L USM)
1E0A8964-7d1.jpg
●ホオジロ(FinePix S1)
DSCF1412-s4.jpg

【7月8日(日)】
日中、久しぶりに晴れた。サロベツ原生花園に行こうとも考えたが、天気予報では午後3時ごろから曇ってくるらしいので、着いた頃には雲ってしまうしそもそも遠すぎて探鳥する時間がない。近場の富良野の鳥沼公園でお茶を濁すことにする。

旭川空港から西神楽町の就実の丘を経て美瑛までのノビタキゾーン(勝手に命名)には、ヒバリ、ノビタキ、ホオアカ、モズがたくさんいた。奥さん運転で、当方が助手席から撮影するか、または車から降りて撮影しながら美瑛に向かった。

●旭川市郊外のノビタキゾーン
IMG_6690-iP7.jpg
●ヒバリ(EOS 7D Mark II + EF400mm F5.6L USM;以下同じ)
1E0A8981-7d1.jpg
●ノビタキ♂
1E0A9014-7d1.jpg
●電線のノビタキ♂
1E0A9176-7d1.jpg
●電線のノビタキ♀
1E0A9180-7d1PM.jpg
●ノビタキ♀
1E0A9067-7d1PM.jpg
●ホオアカ
1E0A9078-7d1PM.jpg
●電線のモズ
1E0A9163-7d1PM.jpg

中富良野町ベベルイにある「ひつじの丘」でサフォークのジンギスカンの昼食。観光バスも来ていて混んでおり30分ほど待った。軟らかくて美味しい。この後、富良野の鳥沼公園に行ったが、前回出遭ったキビタキ、オオルリ、クロツグミには遇えなかった。

●「ひつじの丘」ジンギスカン
IMG_6701-iP7.jpg



nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今季初の旭岳と雨の日の天体機材工作 [天体機材]

本州は梅雨明けとなった。太平洋高気圧に押されて北上した梅雨前線が北海道にやって来た。本来梅雨のないはずの北海道に梅雨前線が停滞して毎日雨が降っている。火星の大接近に備えて整備してきた撮影機材もまったく使えない状態になっている。

【6月30日(土)】
この日は雨は降っておらず、一時日も差していた。今季初、旭岳に行ってきた。第3展望台にギンザンマシコ待ちのCMが数人待機していた。当日ギンザンマシコ♂も現れたらしいが、当方撮影時には♀のみが顔を出した。さらに第2展望台でカヤクグリを撮影して引き上げてきた。

●残雪の旭岳と擂鉢池(EOS 5D Mark III + Sigma14mm F1.8 DG HSM)
0K6A1772-10.jpg
●ギンザンマシコ♀(EOS 7D Mark II + EF400mm F5.6L USM)
1E0A8740-7d1.jpg
●カヤクグリ(同)
1E0A8830-7d1.jpg

【7月1日(日)】
朝から雨。「空飛ぶタイヤ」を見てきた。これは面白い。これくらい面白いと当方も奥さんもまったく眠気が出ないことが判明した。豚丼専門店「き久好」がイオンモール旭川駅前に開店した。帯広豚丼そのものの味でとても美味しかった。やっと旭川でも帯広豚丼を食べられるようになったといたく感激。蕎麦はむしろ付けない方が良いと思う。豚丼だけで注文することをお勧めする。

●「き久好」の豚丼;イオンモール旭川駅前店
IMG_6649-iP7.jpg

雨なので、これまでやっておきたいと思っていた天体機材の工作を行った。ホーマックでいろいろ材料を買いそろえた。

1. EdgeHD800に鏡筒排気ファンSを取り付ける
シュミットカセグレンは鏡筒内温度順応に時間がかかる。EdgeHDは接眼部に補正レンズがあり、完全な密閉鏡筒になっている。他のシュミットカセグレンのように接眼部から排気することができず、リアセルにある換気用の排気口から排気するしかない。ここに取り付けるファンユニットも発売されているが個人輸入しなければならない(Deep Space Product社TEMP-est;ブログStarryUrbanSkyさんの情報による)。

アイベル工房で販売されている鏡筒排気ファンSを、接眼部でなく排気口に取り付けることにした。ホーマックで粘着テープ付きの10cm角ゴム板を購入、鏡筒排気ファンSを付ける穴を空けて排気口上に貼り付けるだけである。

●鏡筒排気ファンSと粘着テープ付きゴム板
鏡筒排気ファン.jpg
EdgeHD800の排気口に合う位置に、鏡筒排気ファンSよりやや小さめに彫刻刀で穴をあける。

●EdgeHD800の排気口上に穴あきゴム板を貼り付ける
FAN取り付け.jpg
ゴム板の穴に鏡筒排気ファンSをはめ込む。なお、ファインダーは明視野十字線入りに変更してある。

2. フラットフレーム撮影用アクリル板
F値の明るいレンズで星野写真を撮ると周辺減光が目立つ。また望遠レンズで星雲などを撮影した際も周辺減光がみられる。これを補正するフラット補正用の1mm厚のアクリル板を購入した。粘着テープ付きの28mm幅ゴム板を着けて、レンズ前に取り付ける。

●1mm厚アクリル板と粘着テープ付き28mm幅ゴム板
アクリル作成.jpg
レンズフードを軽くはさむ位置にゴム板を貼り付ける

●Sigma 14mm F1.0 DG HSM用アクリル板
IMG_6657-iP7.jpg

●フラットフレーム撮影例(EOS 6D + Sigma 14mm F1.8, ISO1600, 1/640秒)
IMG_4581-6d1.jpg
PCの白色画面を撮影した

●天の川(2018.4.18 00:57(EOS 6D (HKIR) + Sigma 14mm F1.8 DG HSM, ISO1600, 60秒)
IMG_4475-6d1.jpg
●フラット補正後の天の川
IMG_4475-6d1_fl4-2.jpg
StellaImage 8で上記フラットフレームを用いてフラット補正した。

●バラ星雲 NGC2237 2018.3.10 21:49(EOS 6D(HKIR) + Prominar 500mm, F5.6, ISO 1600, 露出40分;2分 x 20)
bara20180310-2.jpg
●フラット補正後のバラ星雲 NGC2237
bara20180310flatPS2.jpg
フラットフレーム(EOS 6D + Prominar 500mm, F5.6, ISO1600, 露出1/80秒 x 6枚コンポシット)を用いてStellaImage 8でフラット補正した。

●BORG107FL用アクリル板
IMG_6658-iP7.jpg
●Prominar用アクリル板
IMG_6660-iP7.jpg
●キャノンEF400mm F2.8L IS USM用アクリル板
IMG_6659-iP7.jpg

3. 三脚設置用コンクリートブロック
自宅バルコニーで撮影を行う際、毎回赤道儀を持ち出している。バルコニーに三脚設置用コンクリートブロックを置いた。一度極軸を合わせておくと、次回からは微調整で極軸が合うようになった。

●三脚設置用ブロック
IMG_6648-iP7.jpg
ちなみに虫コナーズをぶら下げてある。効果は今のところ不明(し、知らんのんかい)
nice!(34)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

CMOSカメラによる木星・土星・火星・月;初回報告 [惑星・月]

2018年7月31日の火星の大接近までに綺麗な火星の写真を撮れるようにしたい。これに向けて機材の準備(脚注参照)と撮影、画像処理を練習している。現在もっとも大きな問題は、良いシーイングに恵まれないことで、元画像が良くないと画像処理しても細部構造は出てこない。これまでに撮影した惑星写真のうち、シーイングが比較的良かったときの写真を提示する。

木星、土星、火星の撮影機材は、望遠鏡 セレストロンEdgeHD800 (D203mm f2032mm)、ビクセンSXD2赤道儀、CMOSカメラ QHY290CまたはZWO ASI290MC、バーローレンズ テレビューPowermate 2.5x、大気分散補正装置 ZWO ADC、赤外-紫外カットフィルター ZWO IR/UVカットフィルター 1.25"である。

●冷却CMOSカメラ QHY290C
IMG_6489-iP7.jpg
12Vのポータブルバッテリーで冷却する。

画像処理は定番となっている以下のフリーソフトおよびStellaImage 8を用いた。
[FireCapture 2.5] 動画画像取得用 フィルター RGB、ファイル形式 SERまたはAVI、5000フレーム。オプション Histogram、Autoalign、Debayerをオン。
[AutoStakkert! 2.6.8または3.0.14] 動画ファイル(SERまたはAVI)から画像スタッキング Planet, Dynamic Background, Gradient, Noise Robust 6 (シーイング不良時), Stack 30%〜50%, Alignment Point Auto AP 104
[RegiStax 6] Wavelet用 スタック画像(tiff)からwavelet処理する。ここの処理がもっとも大切。惑星ではDyadic (2^n)、Gaussian。Layer処理は画像を見ながら下のバーで設定する。一旦設定したSchemeは保存しておける。Layer 1はDenoise 0.2、Layer 2〜Layer 4は下図のようにしてみた。
[StellaImage 8] wavelet処理したtiff画像を画像復元 (最大エントロピー法)する

●RegiStax 6によるWavelet処理の例;木星
Registax6.jpg

●QHY290Cによる木星 2018.5.29 23:27:35〜23:33:31
233033_D3_180621_2.jpg
FireCapture v2.5、Filter=RGB、Profile=Jupiter、Frames captured=5000、AS!2.6.8 50%stack, Registax6 wavelet, StellaImage8 画像復元

土星と火星は良い写真が撮れていないが参考までに示す。

●QHY290Cによる土星と火星
saturn_mars.jpg
左:土星 2018.6.7 01:25:40〜01:31:23 FireCapture v2.5、Filter=RGB、Profile=Saturn、Frames captured=5000、AS!3.0.14 40%stack, Registax6 wavelet
右:火星 2018.6.7 01:48:38〜01:49:59 FireCapture v2.5、Filter=RGB、Profile=Mars、Frames captured=5000、AS!3.0.14 40%stack, Registax6 wavelet

●CMOSカメラ ZWO ASI290MC
IMG_6495-iP7.jpg
●ZWO ASI290MCによる木星 2018.6.14 22:12:50〜22:14:30
221340_20180621-3.jpg
FireCapture v2.5、Filter=RGB、Profile=Jupiter、Frames captured=5000、AS!2.6.8 30%stack, Registax6 wavelet, StellaImage8 画像復元

月の撮影機材は、EdgeHD800 (D203mm f2032mm)では月全体を表示できないためBORG107FL + 1.4 xテレコン + 1.08x フラットナーを使用した。ビクセンSXD2赤道儀、CMOSカメラ ASI174MC、赤外-紫外カットフィルター ZWO IR/UVカットフィルター 1.25"である。惑星との違い部分を以下の如く設定した。
[FireCapture 2.5] フィルター UV、ファイル形式 SERまたはAVI、3000フレーム。オプション Histogram、Debayerをオン。
[AutoStakkert! 2.6.8または3.0.14] Sueface, Gradient, Noise Robust 4, Stack 20%, Alignment Point Auto AP 104
[RegiStax 6] 月面はLinear, Gaussian。

●BORG107FLとZWO ASI174MCによる月面撮影
IMG_6617-iP7.jpg

●RegiStax 6によるWavelet処理の例;月面
Registax-2.jpg

●ZWO ASI174MCによる月面 月齢8.3 2018.6.22 21:51:05〜21:54:10
moon215238_3000_20W2.jpg
FireCapture v2.5、Filter=UV、Profile=Moon、Frames captured=3000、AS!3.0.14 20%stack, Registax6 wavelet, StellaImage8 画像復元

6月17日今季初めて旭川市江丹別町富原にあるとみはら自然の森に行った。キビタキと子育て中のオオアカゲラを撮影してきた。

●キビタキ(EOS 5D Mark III + EF400mm F5.6L USM)
0K6A1593-10.jpg

0K6A1707-10PM.jpg
●オオアカゲラ(同)
0K6A1647-10PM.jpg
●子育て中のオオアカゲラ(FinePix S1;奥さん撮影)
DSCF1360-s4.jpg


【脚注】外付けハードディスクの必要性について
CMOSカメラによる動画撮影で内蔵ハードディスクに保存していくとすぐに容量オーバーになるので、撮影後は外付けハードディスクに移しておいた方が良い。現在4TBの外付けハードディスクを使用している。量販店で13,000で購入した。


nice!(43)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

調整中の惑星撮影機材について [天体機材]

6月に入ってから、土日は産業医更新のため東京へ行ったり、4月に亡くなったポメラニアンのボンの合同慰霊祭に参加したりしていた。6月10日(日)時間ができたので、東神楽町〜キトウシ森林公園〜外国樹種見本林〜北方野草園を回ってきた。鳥果あまりなく、ノビタキとキビタキを撮影したのみだった。

●東神楽町;6月10日(日)
1E0A8709_PM2.jpg

●ノビタキ♂;東神楽町(EOS 5D Mark III + EF400mm F5.6L USM)
0K6A1527-10.jpg

0K6A1540-10.jpg
●キビタキ♂;外国樹種見本林
0K6A1494-10.jpg

火星の大接近が迫ってきた。いまだシーイングの良い日に巡り会わなくて撮影は上手くいっていないが、今回揃えた撮影機材について記録しておくことにする。

●Edge HD 800鏡筒とSXD2赤道儀
IMG_6523-iP7.jpg
セレストロンEdge HD 800鏡筒(20cm F10)およびビクセンSXD2赤道儀

●0.7倍レデューサーとTアダプター
IMG_6524-iP7.jpg
Edge HD 800とのセットで購入。月面や星雲などをカメラ撮影する場合に使う。

●バーティノフマスク
IMG_6527-iP7.jpg
光軸合わせおよびフォーカス合わせ用(IoSystemsInc 金属製高精度 195-238mm)

●レンズシェードとピギーバックマウント
IMG_6526-iP7.jpg
夜間の使用時水滴で曇ってしまうためレンズシェードは必須(セレストロンC6/C8用)。オートガイダーを取り付けるためピギーバックマウントを付けた。

●大容量バッテリー
IMG_6530-iP7.jpg
メルテック 5WAYシステム電源 ポータブルバッテリー SG-3500L。野外でこのクラスの赤道儀を使用するには大容量バッテリーが必要。

●CMOSカメラ
ZWO-iP7.jpg
上:ASI174MC 月面用 下:ASI290MC 惑星用
IMG_6534-iP7.jpg
左:ASI174MC 右:ASI290MC ZWO IR/UVカットフィルター 1.25”を着けてある。

●バーローレンズ+ADC+CMOSカメラ
IMG_6539-iP7.jpg
テレビュー パワーメイト2.5X + ZWO ADC (大気分散補正装置)+ ZWO ASI290MC(ZWO IR/UVカットフィルター 1.25”)

●鏡筒排気ファンS
鏡筒換気ファンS購入後、Edge HDの接眼部が補正レンズのため閉鎖していることが判明。従ってこの換気方法は無意味と思われ、現在対応を考えている。

●フリップミラーの使用
IMG_6538-iP7.jpg
2インチスリーブにフリップミラーを着け、バーローレンズ+ADC+CMOSカメラを着ける。対象を目視で導入し、光路を切り替えて撮影する。バランスの関係で、今後は別のフリップミラーに変更する予定である。


nice!(34)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -