So-net無料ブログ作成

皆既月食2018:スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン [月食]

2018年1月31日の皆既月食は、スーパームーンかつブルームーンだったことと皆既月食で赤銅色になることからNASAがスーパー・ブルー・ブラッド・ムーンと名付けた。何としても観てみたい。天気予報ではこの日の旭川は雪。tenki.jpの予報では帯広は晴れになっていた。ところが、各種の天気予報では帯広は午後8時ごろからくずれるというものが多かった。wathernewsでは帯広よりも、オホーツク海側の遠軽町〜北見市が快晴になっていたから、観測地は遠軽町に決めた。

●皆既月食時の天気予報:wathernews
weather180131.jpg

【2018年1月31日(水)】
午後3:30、外来の仕事終了後年休を取っていた。自宅に戻り、準備してあった撮影機材をCRVに積み込み奥さんと共に雪の降る旭川を出発した。遠軽町に近づくにつれて雲が薄くなってきた。ところが、午後7時ごろ遠軽に着くと、全天に雲が広がっており小雪さえぱらついていた。焦った。予報ではオホーツク海側の遠軽を含めてさらに南側に晴れの地域が多かったから、ここから北見に向かうことにした。北見に近づくにつれて晴れてきた。北見市の隣の端野町に着くと、雲一つない快晴の空に満月が輝いていた。国道333号線横に、ちょうど雪かきしてある手頃なスペースがあった。少し街明かりがあるが理想的な観測場所だ。セイコーマートのおにぎりで夕食を済ませ、機材をセットアップすると午後8:45になっていた。

●撮影機材:EOS 5D Mark III + Prominar 850mm, F9.6とEOS 6D (HKIR) + Sigma 20mm EXDG, F2.8 + Vixen AP赤道儀
IMG_5820-iP7.jpg

北見市端野町の観測場所では部分食開始の20:48、皆既月食の21:51〜23:08、部分食終了の0:11まで月食の全経過を快晴状態で観察することができた。

●月食の全経過:2018.1.31 20:48〜24:11(EOS 5D Mark III + Prominar 850mm, F9.6)
eclipse180131.jpg
皆既前 2018.1.31 20:48〜21:39 ISO400, 1/500秒〜1/30秒; 21:50 ISO400, 2秒
皆既中 2018.1.31 22:02〜23:08, ISO1250, 2〜4秒, ISO400, 4秒
皆既後 2018.1.31 23:12, ISO400, 4秒; 23:22〜24:11, ISO400, 1/30秒〜1/500秒

●皆既月食:開始頃 2018.1.31 22:01(Prominar 850mm, F9.6, ISO1250, 露出2秒)
0K6A4102-9.jpg
●皆既月食:最大 2018.1.31 22:30(Prominar 850mm, F9.6, ISO1250, 露出3.2秒)
0K6A4120-9.jpg
●皆既月食:終了頃 2018.1.31 23:07(Prominar 850mm, F9.6, ISO400, 露出4秒)
0K6A4140-9.jpg

月食時月面上にみられる地球の影は、赤銅色の本影に沿って薄い青いベルト(ブルーベルト)が見られる。太陽光が地球大気オゾン層を通過時に赤色が吸収され青色が残るためだ。このブルーベルトはその色からターコイズフリンジと呼ばれる。

部分食時の3段階の露出で撮影したRAW画僧を、Photomatix Essentials(v4.1.2)を用いてHDR (High Dynamic Range)合成を行った。

●部分食縁のターコイズフリンジ 2018.1.31 23:23 ISO400, 1/30秒、1/10秒、1秒
0K6A4168_70-9.jpg

●月食の全経過と地球の影
moon20180131-3.jpg
皆既前 2018.1.31 20:48〜21:39, 12分30秒ごと, ISO400, 1/500秒〜1/30秒
皆既時 2018.1.31 22:30, ISO1250, 4秒
皆既後 2018.1.31 23:22〜24:11, 12分30秒ごと, ISO400, 1/30秒〜1/500秒

●皆既月食中の星空 2018.1.31 22:34(EOS 6D (HKIR) + Sigma 20mm EXDG, F2.8, ISO1600, 露出120秒:4 x 30秒、StellaImage 8でコンポジット)
IMG_4203_06-6d1.jpg
図説:左からしし座、皆既月食中の月、かに座M44散開星団、ふたご座。中央下こいぬ座プロキオン。

今回の皆既月食は、天気予報より実際の天気は良い方に外れて全国各地で観察できたらしい。旭川や札幌でも観られたが、雲は多かったようだ。ウィークデーの午後からの北見遠征はたいへんだったが、全経過を快晴状態で観察できたことと、皆既月食中の星空の美しさを堪能できたことで大成功だったと思う。撮影もうまくいったようだが、氷点下17℃の中ではレンズヒーターが力不足であることが判明した。旭川の自宅への帰宅は午前3:30、奥さんの運転に助けられたことに感謝する。翌日は通常勤務だった。


nice!(42)  コメント(18) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

神出鬼没のキレンジャクとキトウシのカケスなど [野鳥]

【1月17日(水)〜1月18日(木)】
今年はキレンジャクの飛来が明らかに少ない。そんな中、1月17日朝、出勤時に自宅横の東部中央公園にキレンジャクの小集団が来ているのに気づいた。そして翌日もここにやって来たようだ。当方仕事のため、両日とも奥さんが撮影した。

●東部中央公園:1月17日(iPhone 7 Plus)
IMG_5759-iP7.jpg
●キレンジャク:1月17日(FinePix S1;奥さん撮影)
DSCF9841-s3.jpg

DSCF9843-s3.jpg
●キレンジャク:1月18日(FinePix S1;奥さん撮影)
DSCF9875-s3.jpg

DSCF9887-s3.jpg

【1月20日(土)】
朝から晴れていたが、午前中は仕事だった。天気予報では午後から曇り〜雪になっていた。なか卯で昼食後まだ快晴状態だった。自宅に戻ると、車庫前のナナカマドの木にツグミたちが行き来していた。

●ツグミ:自宅車庫前(EOS 5D Mark III + EF400mm F5.6L USM)
0K6A3660-9.jpg

曇らないうちに野鳥撮影したい。リクの散歩を短時間で終わらせて、急いでキトウシ森林公園に向かった。現地に着くとたくさんの野鳥の声が聞こえた。オオアカゲラ、コゲラ、キクイタダキ、ミヤマカケスを矢継ぎ早に撮影することができた。

●キトウシ森林公園:1月20日(iPhone 7 Plus)
IMG_5765-iP7.jpg
●オオアカゲラ(EOS 7D Mark II + EF400mm F5.6L USM;以下同じ)
1E0A1611-7d1.jpg

1E0A1599-7d1.jpg
●コゲラ
1E0A1689-7d1.jpg
●キクイタダキ
1E0A1667-7d1.jpg

1E0A1849-7d1.jpg

1E0A1852-7d1.jpg

1E0A1855-7d1.jpg
●ミヤマカケス
1E0A1783-7d1.jpg

1E0A1761-7d1.jpg

午後3時頃急速に曇ってきて、暗くなったから引き上げることにした。車を走らせてすぐに、高い木の上にキレンジャクたちが来ているのに気づいた。慌てて車を駐めて撮影した。あっという間に飛び去っていった。先週もここで旭川方向に飛び去るキレンジャクの小集団を目撃していた。今年はキレンジャクの飛来数は少ないものの、あちこちに出没しているようだ。

●キレンジャク:1月20日
1E0A1956-7d1.jpg



nice!(43)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フラットナーの改善とキトウシのキクイタダキなど [野鳥]

【1月11日(木)】
自宅横の東部中央公園にやっとたくさんのツグミがやってきた。

●東部中央公園のツグミ(FinePix S1;奥さん撮影)
DSCF9789-s3.jpg

【1月12日(金)】
旭川は天気予報ではずっと曇っているのだが、ときどき予想外に晴れてくる。1月11日と1月12日も天気は良い方向に外れた。夜、雲は多いものの、マルチフラットナー1.08x DGのコマ収差問題解決のため撮影に出かけた。2日間とも、美瑛の青い池付近の撮影地に着くとほぼ快晴であった。

マルチフラットナー1.08xDGをBORG107FLで使用する場合、640の文字がギリギリかくれる位置に設定すること、カメラマウントとの接続をM【7000】からM57→M49.8ADSS【7923】に変更するが推奨されていたので、この通りにして撮影してみた。1月11日の撮影では、コマ収差は期待通りに解消されていたが、フォーカスの甘い写真になってしまった。1月12日もう一度、今度はフォーカスに注意して撮影した。

●冬の星座:美瑛青い池付近 2018.1.12 23:55(EOS 5D Mark III + Sigma 15mm EXDG fisheye F3.2, ISO3200, 30秒)
0K6A3231-9.jpg

●撮影システム:BORG107FL 600mm F5.6, マルチフラットナー1.08×DG, EOS 6D (HKIR改), Vixen AP-WM赤道儀, M-GEN, PROTAGEヒーター
IMG_5740-iP7.jpg

●M42 2018.1.12 23:44〜 ISO2000, 露出32分 (120秒 x 16枚)
M42_20180112-23.jpg
●馬頭星雲 2018.1.12 24:26〜 ISO2500, 露出32分 (120秒 x 16枚)
bato_20180113-23.jpg

今回の設定では、コマ収差は完全に解消されていた。しかし、これまでの写真に比べるとフォーカスが甘く、星雲の細かな写りが悪かった。星像も大きかったので、StellaImage 8でシャープに小さくしものの、いまいち納得のいかない出来になってしまった。もう少し試行錯誤が必要と思う。

【1月14日(日)】
この日も天気予報では日中曇りであったが、午前中は雲一つない快晴になった。いつものようにキトウシ森林公園に向かっていると、旭岳が綺麗に見えた。キトウシ森林公園ではキクイタダキ、マヒワ、コゲラを撮影した。おもに、しばらく未使用であった修理後のEOS 7D Mark IIを使用した。

●大雪山旭岳(iPhone 7 Plus)
IMG_5744-iP7.jpg

●キトウシ森林公園(iPhone 7 Plus)
IMG_5746-iP7.jpg

●キクイタダキ(EOS 5D Mark III + EF400mm F5.6L USM)
0K6A3492-9.jpg

0K6A3560-9.jpg

●キクイタダキ(EOS 7D Mark II + EF400mm F5.6L USM;以下同じ)
1E0A1282-7d1.jpg

1E0A1288-7d1.jpg

1E0A1292-7d1.jpg
●マヒワ
1E0A1398-7d1.jpg
●コゲラ
1E0A1464-7d1.jpg



nice!(38)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

M-GENによる試し撮りとオジロワシ・オオワシ in 浦河 [IR改造]

天体写真撮影の際、長時間露出するために必須なのがオートガイダーである。ハンガリー製オートガイダーLacerta M-GENを購入したものの未使用だった。付属するマニュアルが分かりづらいことが一つの原因だった。「凧と空中散歩」というブログを書いている大分県の方が、とても分かりやすくM-GENの使い方を解説してくれていた。これなら簡単に使えそうだ。

【1月6日(土)】
旭川はぜんぜん晴れないため、1月6日(土)午後、雪の旭川を出発。昨年と同じ「うらかわ優駿ビレッジAERU」に向かった。浦河に近づくにつれて晴れてきた。AERUには午後7時ごろ着いた。予定通り快晴である。夕食および温泉に入った後、AERU近くの撮影地に行って準備していると月が昇ってきてしまった。月明かりのためISO1600、90秒が限界だった。RAW画像をStellaImage 8でコンポジット、画像処理、PhotoShop CS5で調整、トリミングした。

●撮影システム:BORG107FL 600mm F5.6, マルチフラットナー1.08×DG, EOS 6D (HKIR改造), Vixen AP-WM赤道儀, M-GEN, PROTAGEヒーター
IMG_5684-iP7.jpg

●オリオン座大星雲M42と馬頭星雲
M42Bato_20180106.jpg

左:M42 2018.01.06 22:33 ISO1600, 露出30分 (90秒 x 20枚)
右:馬頭星雲 2018.01.06 23:20 ISO1600, 露出31分30秒 (90秒 x 21枚)

M-GENで2軸補正を行い、正常に動作することを確認した。問題は強いコマ収差を生じたことだった。BORG107FLとマルチフラットナー1.08×DGによる作例をみても、これほど強いコマ収差は生じないようなので、フラットナーの設定が悪いものと思われる。次回はフラットナーの設定を1mmごとに変えて撮ってみたい。

月がだいぶ高くなってきたのと、とても寒いので月面撮影して引き上げた。シーイングは非常に悪かった。

●月齢19.4 2018.1.7 00:08(ISO400, 1/640秒)
IMG_4106-6d1.jpg

【1月7日(日)】
朝食後うらかわ優駿ビレッジAERUを出た。静内川河口、沙流川河口を回って、平取町の「くろべこ」で昼食を摂って雪の旭川に戻った。

●うらかわ優駿ビレッジAERU
IMG_5695-iP7.jpg

●静内川河口の白鳥とマガモ(iPhone 7 Plus)
IMG_5698-iP7.jpg

●静内川河口のオジロワシやオオワシ(EOS 5D Mark 3 + EF400mm F5.6L USM;以下同じ)
0K6A3193-9.jpg
●オジロワシ
0K6A3150-9.jpg
●オオワシ
0K6A3171-9.jpg

●沙流川にかかる鉄橋のアオサギ(幼鳥)とオオワシ
0K6A3205-9.jpg



nice!(37)  コメント(16) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

IR改造によるM42とキクイタダキやシマエナガ、そして2017年を振り返る [IR改造]

【12月23日(土)】
EOS 6DのIR改造(HKIR改造)をしたものの、旭川はぜんぜん晴れない。12月23日(土)はこぐま座流星群のピークでもあったから、流星撮影とEOS 6Dによる星雲の試し撮りを目的として帯広に行ってきた。12月14日のふたご座流星群のときと同じように、空の状態はあまり良くなかった。透明度が悪く、街明かりの影響で30秒程度の露出しかできなかった。こぐま座流星群のほうは結局1個も写っていなかった。

●撮影地の空の状態:冬の星座 2017.12.23 22:26(EOS 5D Mark III + Sigma EXDG 15mm Fisheye, ISO1250, F3.5, 30秒)
0K6A2521-9.jpg

EOS 6D(HKIR改造)のほうはオリオン座大星雲M42と馬頭星雲IC434を中心に撮影した。RAW画像をStellaImage 8でコンポジット、画像処理後PhotoShop CS5でトーカーブ調整した。

●オリオン座大星雲M42 2017.12.23 22:29(EOS 6D + Prominar 350mm, F4.0, ISO 2500, 5分:30秒 x 10)
M42-20171223-2.jpg

IR改造していないカメラ(EOS 7D Mark II)で撮影したM42と比較してみた。空の状態はEOS 7D Mark IIのときのほうが大分良かった。IR改造すると赤の発色がぜんぜん違うことが分かる。

●IR改造の効果:M42
M42_7D6D-2.jpg
左:2017.9.23 2:21 EOS 7D Mark II + Prominar 350mm, F4.0, ISO2500, 7分 (1分 x 7)
右:2017.12.23 22:29 EOS 6D (HKIR) + Prominar 350mm, F4.0, ISO 2500, 5分 (30秒 x 10)

●馬頭星雲IC434 2017.12.23 22:39 EOS 6D(HKIR) + Prominar 350mm, F4.0, ISO2500, 9分30秒 (30秒 x 19)
bato2-ps2.jpg

【12月24日(日)】
帯広の森で探鳥後(ハシブトガラとエゾリスだけ)、十勝清水の目分料で桜エビのかき揚げ蕎麦の昼食を摂って旭川に帰った。

●ハシブトガラ(EOS 5D Mark III + EF400mm F5.6L USM)
0K6A2542-9.jpg
●エゾリス(同)
0K6A2559-9.jpg
●桜エビのかき揚げ蕎麦:目分料
IMG_5603-iP7.jpg

【12月30日(土)】
お正月休み1日目。markeeさんのベニヒワ情報をみてキトウシ森林公園に行ってきた。ベニヒワには遇えなかったが、キクイタダキ、シマエナガ、シジュウカラ、マヒワ、コゲラ、オオアカゲラを撮影できた。午後からもう一度行ってみると、ツグミ軍団に遭遇した。

●キトウシ森林公園(iPhone 7 Plus)
IMG_5620-iP7.jpg

●キクイタダキ(EOS 5D Mark III + EF400mm F5.6L USM;以下同じ)
0K6A2637-9.jpg

0K6A2646-9.jpg

●シマエナガ
0K6A2824-9.jpg

0K6A2835-9.jpg

0K6A2838-9.jpg

0K6A2737-9.jpg

●シジュウカラ
0K6A2582-9.jpg
●マヒワ
0K6A2872-9.jpg
●コゲラ
0K6A2938-9.jpg
●オオアカゲラ
0K6A2974-9.jpg

●ツグミ
0K6A2992-9.jpg

夜、晴れてきた。望遠鏡を置くスペース分だけバルコニーの雪かきをして、3週間ぶりに月を撮影した。

●月齢12.3 2017.12.30 22:02(EOS 7D Mark II + BORG107FL 600mm + 1.08x FLATTENER, ISO320, 1/800秒)
1E0A1215-7d1-2.jpg


この一年(2017年)

最後に、一月に1枚づつの写真をピックアップして、2017年を振り返ってみたい。

[2017年1月]
1月7日からの三連休、夜空の撮影とコミミズク狙いで日高〜苫小牧〜室蘭方面に出かけた。コミミズクには遇えなかったが、ケアシノスリのホバリングと急降下を見た。
●獲物を狙うケアシノスリ 2017.1.8(EOS 5D Mark III + EF400mm F5.6L USM)
0K6A5014-7.jpg

[2017年2月]
日食仲間の宇都宮のKさんに誘われて、タウシュベツ橋を背景とする星景写真撮影会に行ってきた。参加者4名だった。
●タウシュベツ橋梁と沈む冬の星座 2017.2.15 23:18(EOS 5DIII + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC, F8 ISO3200, 20秒)
0K6A6692-KD-7.jpg

[2017年3月]
2017年3月24日(金)〜3月26(日)の三日間、道東の旅にでた。春国岱の反対側の走古丹でユキホオジロを撮影した。
●ユキホオジロ 2017.3.25(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A8582-7.jpg

[2017年4月]
娘に第一子が誕生した。娘が結婚した日、太陽にはハート型の大きな黒点が見えた。1年目の結婚記念日は無黒点だった。そして娘の第一子の生まれた日には小さな黒点が出現していた。
●娘の第一子誕生の日の太陽:2017.4.21 14:21(EOS 5D Mark III + Pronimar 850mm, F9.6, ISO200, 1/320秒, アストロソーラーフィルター)
0K6A9999-72.jpg

[2017年5月]
ゴールデンウィークは自宅で過ごした。ジョンソン彗星、タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星、パンスターズ彗星がいずれも7等級だった。
●ジョンソン彗星 2017.5.3 1:44(EOS 5D Mark III + Prominar 350mm, F4.0, ISO6400, 90秒)
0K6A0702-8.jpg

[2017年6月]
8月21日のアメリカ皆既日食に向けてBORG107FL天体鏡筒セットCRとVixen AP用カーボン三脚を購入し、日食遠征システムを作成した。
●Vixen APによる日食遠征システム 2017.6.15
IMG_4305-iP7.jpg

[2017年7月]
EOS 7D Mark IIを購入したがAFが不調だった。今季初の旭岳に行き、ギンザンマシコやビンズイを対象にEOS 7D Mark IIとEOS 5D Mark IIIの写りを比較した。EOS 7D Mark IIは後日修理することになった。
●遠いギンザンマシコとカヤクグリ(EOS 5D Mark III + EF400mm F5.6L USM)
asahidake170708.jpg

[2017年8月]
8月21日アメリカオレゴン州ワームスプリングスのカニータリゾートで皆既日食を観察した。皆既日食時には薄い雲がかかってしまったが、観察にはほとんど影響はなかった。撮影はエクリップスナビゲーター3に任せ、皆既日食のほぼ全課程を肉眼と双眼鏡で眺めた。これまで見た皆既日食ではもっとも美しい日食だった。
●日食の全課程:連続食分撮影 2017.8.21 9:10:40〜11:40:40 (5分ごと)(EOS 6D + Sigma 20mm EXDG, F4.0, ISO200, 1/320秒〜1/800秒, 皆既1/3秒)
e170821_SB2_4.jpg

●皆既日食時のコロナ:R-USM法 2017.8.21 10:21(EOS 5D Mark III + BORG107FL, 600mm, F5.6, ISO200, 露出1/1000", 1/250", 1/60", 1/15", 1/4", 1")
corona2017_RUSM_10_90bl.jpg

[2017年9月]
EOS 7D Mark 2をCanonの大分修理センターに郵送、AF機構部の出力不具合があり前板ユニット交換となった。9月23日ホシガラス目的で旭岳に行った。
●ホシガラス(EOS 7D Mark 2 + F400mm F5.6L USM)
1E0A0062-7d1.jpg

[2017年10月]
旭川市内から冠雪後の旭岳が綺麗に見えた。この時期に初めて旭岳に行った。旭岳中腹の遊歩道は雪で被われ、除雪されていたのは第3展望台までだった。野鳥は、いなかった。

IMG_5375-iP7.jpg

[2017年11月]
11月12日暴風雨のおさまったキトウシ森林公園へ行くとたくさんの野鳥に遭遇した。
●シマエナガ(EOS 5D Mark 3 + EF400mm F5.6L USM)
0K6A1644-9.jpg

[2017年12月]
ふたご座流星群のピークである12月14日(木)、晴れているはずの帯広に向かった。深夜になってやっと晴れてきた。
●ふたご座流星群2017 2017.12.14 23:13〜24:07(EOS 5D Mark III + Sigma EXDG 15mm Fisheye, ISO1600, F3.5, 20秒〜30秒 x 12枚合成)
gemini20171214.jpg



nice!(36)  コメント(19) 
共通テーマ:趣味・カルチャー