So-net無料ブログ作成
検索選択

春国岱2017年夏;EOS 7D IIの憂鬱 [旅行]

娘と娘の長男が8月中旬に函館に帰るまで、奥さんは(当方も)いろいろやることがあり、旅行する雰囲気ではなかった。7月15日(土)〜7月17日(月)の三連休の初日の朝、ふと思い立って根室の春国岱に一泊二日の一人旅に出ようと思った。じゃらんで調べると、当日風蓮湖畔にあるレイクサンセットというレストラン&コテージに一部屋空きがあった。

新しく購入したEOS 7D IIのAFがきっちり合わない状況があった。その原因として天候不良状態での撮影も一因かと思い、三連休の初日〜翌朝は春国岱を含む根室地方は晴れの予報だったから、EOS 7D IIで野鳥をたくさん撮ってみようと思った。

【7月15日(土)】
朝9時半に自宅を出発、旭川北インターから旭川紋別道で遠軽まで行き、北見の北見工業大学近くで13時ごろ昼食、美幌を経て現地春国岱のレイクサンセットに16時半過ぎに着いた。レイクサンセットのコテージは風蓮湖に面しており、夜は湖面上に綺麗な星空が見える。

●美幌峠からみた屈斜路湖(EOS 5DIII + Sigma 15mm f2.8 EXDG FISHEYE)
0K6A4032-8.jpg

●コテージ前の風蓮湖(EOS 5DIII + Sigma 15mm f2.8 EXDG FISHEYE)
0K6A4035-8.jpg
●風蓮湖上の星空 2017.7.15 22:15(EOS 5DIII + Sigma 15mm f2.8 EXDG FISHEYE, ISO3200, F2.8, 20秒)
0K6A4072-8.jpg

コテージ到着時、風蓮湖畔に野鳥の姿も声も聞こえなかったので、風蓮湖のオホーツク海側から春国岱原生野鳥公園へ行ってみた。数頭のエゾシカや子鹿はいるものの、野鳥はほとんど見られなかった。帰り際、オオジュリンに遭遇したのが唯一の成果だった。足立sunnyさんのコメントに従い、EOS 7D IIのAFマイクロアジャストメントを+1に設定してみたところ、かなりフォーカスは合ったようだった。ただ、拡大してみるとフォーカスは甘かった。

●春国岱原生野鳥公園(iPhone 7 plus)
IMG_4491-iP7.jpg
●エゾシカの子鹿(EOS 7D II + EF400mm F5.6L USM, ISO400, 1/1250")
1E0A7375-1.jpg
●オオジュリン♂(同)
1E0A7347-1.jpg

深夜、春国岱原生野鳥公園で星空を撮影した。ソフトフィルターを着けていないため、星座が分かりにくい。

●夜の春国岱と北斗七星 2017.7.15 21:40(EOS 5DIII + Sigma 15mm f2.8 EXDG FISHEYE, ISO4000, F3.2, 30秒)
0K6A4065-8.jpg
●風蓮湖と天の川 2017.7.15 21:25(EOS 5DIII + Sigma 15mm f2.8 EXDG FISHEYE, ISO3200, F3.2, 30秒)
0K6A4043-82.jpg

【7月16日(日)】
翌朝は晴れていた。予想に反してコテージ周辺には野鳥の声がしなかった。レイクサンセットのレストランで朝食後チェックアウトし、春国岱原生野鳥公園に行った。ここも同様にほとんど野鳥の姿がなかった。

●春国岱原生野鳥公園の朝(iPhone 7 plus)
IMG_4498-iP7.jpg
●オホーツク海(EOS 5DIII + Sigma 15mm f2.8 EXDG FISHEYE)
0K6A4079-8.jpg

ネイチャーセンター横にある自然学習林内を歩いた。シジュウカラを見たのみだった。

●春国岱自然学習林からみたオホーツク海(iPhone 7 plus)
IMG_4502-iP7.jpg
●シジュウカラ(EOS 7D II + EF400mm F5.6L USM, ISP640, 1/250")
1E0A7383-1.jpg

ほとんど野鳥がいないため、ここを北上しワッカ原生花園へ向かった。途中の濤沸湖くらいから雨になった。だんだん土砂降りとなり、視界不良で走行自体に身の危険を感じるほどになった。ワッカ原生花園は諦めて、遠軽から旭川紋別道にのり旭川に帰った。旭川に着く頃から雨が止んだ。旭川鷹栖で高速を降り、すぐ近くの嵐山公園に寄った。キビタキを撮影した。公園内は暗かったからほとんどブレてしまった。ISO6400で撮った写真にピントが合ったものがあった。

●嵐山公園のキビタキ(EOS 7D II + EF400mm F5.6L USM. ISO6400, 1/160")
1E0A7444-1.jpg

今回、EOS 7D II + EF400mm F5.6L USMで撮影した写真は、AF微調整+1にしてもやはりフォーカスが甘かった。フォーカスの甘さはレンズをEF 24-70mm f4L IS USMにした人物像でも同様であった。しばらくはMFで天体用として使用し、時期をみてキャノンで調整してもらおうと思う。

旭岳のギンザンマシコ・ビンズイとBORG107FLのテレコンについて [野鳥・天文]

野鳥撮影や天体写真にEOS 5DIIIとEOS 6Dを使用している。これらでは野鳥が小さく写るのと、来月の日食では一つのカメラでは日食を大きく撮りたい。という訳でAPS-CのEOS 7D Mark IIを購入した(EOS 7D Mark IIIがいつ出るか分からないので)。

【7月1日(土)】
購入当初、暗い神楽外国樹種見本林内で撮影すると、どれもAFが合っていなかった。焦った。その後も天候不良がつづいた。7月1日(土)午後、曇っていたがEOS 7DIIを持ってノビタキゾーンを回った。比較的近くで、ある程度明るければAFは問題ないようだ。ただし没写真も多数発生した。

●ノビタキ♀(EOS 7DII + EF400mm F5.6L USM)
1E0A6486-1.jpg
●ノビタキ♂(同)
1E0A6508-1.jpg

【7月8日(土)】
晴れた。今季初で旭岳に行った。比較目的でEOS 7DIIとEOS 5DIIIと400mm望遠をリュックに入れ、風景撮影のためEOS 6Dを持って行った。

●旭岳と鏡池(EOS 6D + Sigma 15mm F2.8 EXDG Fisheye)
IMG_2725-6d1.jpg
●旭岳とすり鉢池(同)
IMG_2707-6d1.jpg
●第3展望台からみたハイマツ帯(同)
IMG_2713-6d1.jpg

第3展望台にギンザンマシコ狙いのバーダーが数人待機していた。ここから見えるハイマツ帯にときどきギンザンマシコやカヤクグリが顔を出した。約6時間粘っていたが、結局現れたのは遠いところばかりだった。この距離ではEOS 5DIIIもEOS 7DIIもAFは甘かったが、拡大してみると、やはりEOS 5DIIIのほうがAFがきっちり合っているものが多かった。

●遠いギンザンマシコとカヤクグリ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
asahidake170708.jpg
●遠いギンザンマシ(EOS 7DII + EF400mm F5.6L USM)
asahidake170708-2.jpg

諦めて第2展望台を経由して姿見駅に帰る途中、足元から飛び立つ野鳥がいた。すぐ近くに停まって囀っている。まったく逃げる気配がない。EOS 5DIIIとEOS 7DIIを切り替えて多数撮影出来た。大きさは当然EOS 7DIIのほうが大きく写る。拡大してみるとやはりEOS 5DIIIのほうがやや綺麗だと思う。ただし、このくらい近いとEOS 7DIIの解像度はEOS 5DIIIとほとんど変わらない。

●ビンズイ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A3975-8.jpg

0K6A3981-8.jpg

●ビンズイ(EOS 7DII + EF400mm F5.6L USM)
1E0A7191-1.jpg

1E0A7193-1.jpg

【7月6日(木)】
先週の後半は晴れた日が多かったから、夜は月面撮影していた。来月の日食にはBORG107FL, 600mm, F5.6を主力として使う予定だ。1.4xテレコンバーターGRを使うかどうか、full size機とAPS-Cでどのような写りになるか試してみた。

●自宅バルコニーでの撮影風景
IMG_4403-iP7.jpg


●1.4xテレコンバーターGRの有無:EOS 5DIIIとBORG107FL
EOS5D_20170706.jpg
1.4xテレコンバーターGR 左:あり 840mm F7.9 右:なし 600mm F5.6

両者をトリミングして同じ大きさにしてみると、テレコンバーターのないほうがコントラストや解像度よかった。今回の日食ではテレコンを使用しないことにする。

●月齢12.4:テレコンバーターあり EOS 5DIII 2017.7.6 21:58(EOS 5DIII + BORG107FL, 1.4xテレコンGR, 840mm, F7.9, ISO400, 1/320秒)
0K6A3201-8.jpg
●月齢12.4:テレコンバーターなし EOS 5DIII 2017.7.6 22:29(EOS 5DIII + BORG107FL, 600mm, F5.6, ISO320, 1/640秒)
0K6A3207-8.jpg

EOS 7DIIでも同様に撮影してみた。

●1.4xテレコンバーターGRの有無:EOS 7DIIとBORG107FL
EOS7D2_20170706.jpg
1.4xテレコンバーターGR 左:あり 840mm F7.9 右:なし 600mm F5.6

上と同様に両者をトリミングして同じ大きさにしてみると、テレコンバーターのないほうがコントラストや解像度よかった。EOS 7DIIのほうもテレコンなしで使用することにする・

●月齢12.4:テレコンバーターあり EOS 7DII 2017.7.6 22:15(EOS 7DII + BORG107FL, 1.4xテレコンGR, 840mm, F7.9, ISO400, 1/320秒)
1E0A6577-1.jpg
●月齢12.4:テレコンバーターなし EOS 7DII 2017.7.6 22:19(EOS 7DII + BORG107FL, 600mm, F5.6, ISO320, 1/640秒)
1E0A6593-1.jpg



【2017年8月21日アメリカ皆既日食ツアー情報】

【FileMaker Pro 12〜15用サンプルファイル公開】



どうにかキビタキ・エゾリス・ジョンソン彗星、他 [天体写真]

諸事情により野鳥遠征ができず土日の天候不良も重なり、ちょっとずつしか写真が撮れなかった。ここ2週間は主に夜間の天体写真が中心となった。

【6月11日(日)】
神楽外国樹種見本林内を歩いた。暗い林の中でやや遠いキビタキがいたので近づきながら撮影した。やや明るいところでアカゲラとエゾリスに出遭った。

●キビタキ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM;以下同じ)
0K6A2600-8.jpg
●アカゲラ
0K6A2610-8.jpg
●エゾリス
0K6A2662-8.jpg

夜になって晴れてきた。この時期としては驚くほど寒かった。冷たい風に直撃される。高度の低い月齢16.7の月を撮影してみたが、月縁はユラユラと波打って写った(未提示)。

【6月12日(月)】
ほぼ快晴になった。ジョンソン彗星は今どれくらいになったのか。月が昇る前に撮影したい。夜9時過ぎに美瑛に向かった。ところが地平線上が明るくなり月が昇ってきそだ。急遽、就実の丘に変更して、大急ぎで撮影準備を開始した。

●撮影システム:Prominar 350mm F4.0とSigma 20mm F1.8 (F2.8で使用)
IMG_4301-iP7.jpg

なかなかジョンソン彗星が導入できなかった。結局月が昇ってきてしまい、月明かりの中での撮影となった。うしかい座にいるはずのジョンソン彗星のあたりをつけるため、Sigma 20mmで撮影してみたがよく分からなかった。ジョンソン彗星がいるはずのところを何回か撮影してやっと写った。

●うしかい座とジョンソン彗星の位置 (矢印)と流星:2017.6.12 22:30(Sigma 20mm, f2.8, ISO1600, 30秒)
IMG_2554-6d1AR.jpg
↑流星   

●ジョンソン彗星:2017.6.12 22:16(Prominar 350mm, F4.0, ISO1600, 30秒)
0K6A2803-8.jpg

せっかく月が昇ってきたので、Prominarを850mmにして月面撮影して引き上げた。

●月齢17.8 2017.6.12 23:04(Prominar 850mm, F9.6, ISO400, 1/250秒)
0K6A2876-8.jpg

【6月17日(土)】
午前中は内視鏡の仕事。午後、紅雪庭でモリテンの昼食後帰宅。ポメラニアンのリクを連れて忠別川河川敷を歩いた。ハクセキレイがたくさんいた。その後、嵐山公園へ。ほぼセンダイムシクイの声だけが聞こえていた。成果もなく帰るときヤマゲラに出遭った。まだ明るい。最後に神楽外国樹種見本林に行く。キビタキがいたがうまく撮れなかった。センダイムシクイを撮影して引き上げた。

●ハクセキレイ(FinePix S1)
DSCF8943-3s.jpg
●ヤマゲラ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A2900-8.jpg
●センダイムシクイ(同)
0K6A2915-8.jpg

夜、快晴になった。暗い空のジョンソン彗星を撮りにいこう。美瑛皆空窯近くの広い駐車場に向かった。彗星や星雲・星団はいつも350mmで撮っている。オートガイダーなしだと350mmくらいが限界かなと思っていたからだ。オートガイダーMGENは買ってきたものの、まだ使用していない。そこで、オートガイダーなしで500mmにすると、どのくらい星像は流れてしまうのか試してみることにした。

●撮影機材:Prominar 500mm + Vixen AP赤道儀 + FEISOLカーボン三脚
IMG_4318-iP7.jpg

●ジョンソン彗星 2017.6.17 24:13(EOS 5DIII + Prominar 500mm, F5.6, ISO3200, 60秒;ノートリミング)
0K6A2975-8.jpg
●ジョンソン彗星 上の写真の2倍トリミング
0K6A2975-8tr.jpg

露出1分ではオートガイダーなしの500mm望遠でも問題なく使用できていた。この撮影時刻にはジョンソン彗星は高度が低くなり、西側の低空は街明かりが少しあってあまり写りは良くない。

空のくらいところにある干潟星雲(M8)、三裂星雲(M20)、射手座球状星団M22、ヘラクレス座球状星団M13も500mmで撮影してみた。露出1分だとオートガイダーなしでも500mm望遠は十分使えそうだ。

●干潟星雲(M8)と三裂星雲(M20) 2017.6.17 24:08(EOS 5DIII + Prominar 500mm, F5.6, ISO3200, 60秒)
0K6A2978-8.jpg
●射手座球状星団M22 2017.6.17 24:12(EOS 5DIII + Prominar 500mm, F5.6, ISO3200, 60秒;2倍トリミング)
0K6A2980-8.jpg
●ヘラクレス座球状星団M13 2017.6.17 24:22(EOS 5DIII + Prominar 500mm, F5.6, ISO6400, 60秒;2倍トリミング)
0K6A2982-8.jpg



【2017年8月21日アメリカ皆既日食ツアー情報】

【FileMaker Pro 12〜15用サンプルファイル公開】



よく分かるBORG107FL天体鏡筒セットCR解説 [天体機材]

BORG107FL天体鏡筒セットCRを購入した。購入時どこまでの部品が必要なのか分かりにくかったので、目的別に必要な部品について解説したい。

はじめに6月4日(日)自宅横の忠別川河川敷を散歩中に出遭ったホオジロとカワラヒワの写真
●ホオジロ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A2368-8.jpg
●カワラヒワ(同)
0K6A2380-8.jpg

BORG107FL天体鏡筒セットCRには、対物レンズ、鏡筒、マルチバンド、ラック & ピニオン、6 x 30ファインダー、地上プリズム、アイピース(9mm, 20mm)と、2インチホルダーS【7508】が付属している。これで眼視観測ができるのは分かるが、写真撮影等についてどこまでの部品が必要なのかよく分からなかった。

●BORG107FL天体鏡筒セットCR
IMG_4241-iP7.jpg
※この他にマルチバンド用Vプレートが付属している。ラック & ピニオン部にファインダーを取り付けるために、別に2.5mm6角レンチが必要(3mm6角レンチが付属していた。梱包時の間違いかも知れない)。

【天体写真撮影に必要な部品】
最低限必要なのは、【7352】M57回転装置DX、【7000】カメラマウントフォルダーM、カメラマウントの3つ。カメラマウントはEOSの場合は【5005】カメラマウントキャノンEOS用。

●直焦点写真撮影用部品:【7508】2インチホルダーSに、【7352】M57回転装置DX+【7000】カメラマウントフォルダーM+【5005】カメラマウントキャノンEOS用を取り付けた。
IMG_4247-iP7.jpg

【地上プリズムを使わない眼視観察と写真撮影】
地上プリズムを使わないで眼視観察するためには延長部品が必要である。【7604】M57/60延長筒Lまたは【7861】M57ヘリコイドLIIIを使う。【7508】2インチホルダーSは使用しない。

●【7604】M57/60延長筒Lによる眼視観察と写真撮影
DirectSystem.jpg

●【7861】M57ヘリコイドLIIIによる眼視観察と写真撮影
HelicoidSystem.jpg

【テレコンの使用】
今回【7215】1.4xテレコンバーターGRと【7108】マルチフラットナー1.08 x DGを購入した。月面撮影ではマルチフラットナーを外した方が使いやすかったので、テレコン使用に関してのみ記載する。フォーカスをあわせるためには、【7508】2インチホルダーSまたは【7861】M57ヘリコイドLIIIが必要である。

●【7215】1.4xテレコンバーターGRによる写真撮影
TeleconSystem.jpg

Vixen AP赤道儀をツイン化して、Prominar 850mm + EOS 5DIIIとBORG107FL +1.4x テレコン + EOS 6Dを搭載して月面撮影を行った。BORG107FLは非常に軽いため、バランス合わせのためにBORG側にFinePix S1を乗せるとちょうどバランスがとれた。

●Vixen AP赤道儀のツイン化と月面撮影
IMG_4265-iP7.jpg

【バランスウェイト軸への接続部の作成】
 Vixen AP赤道儀用 3way ユニバーサルウェイト軸ユニット ¥8,000
 ETSUMI 止めネジ オスオス E-6603 ¥727
 Vixen 天体望遠鏡用アクセサリー 望遠鏡用アタッチメント プレートホルダーSX 3810-05 ¥3,863
 アイベルのCD-1微動マウント ¥9,400

●バランスウェイト軸への接続部品
IMG_4222-iP7.jpg

ユニバーサルウェイト軸ユニットの固定ネジが小さくてしっかり締められなかった。そこで、ノブボルト5M25mm ¥184に変更した。2個とも変更すると、コントローラー電源とぶつかるため、1個だけノブボルトに変更した。これでもしっかり締めることができた。

●ウェイト軸ユニットの固定ネジのノブボルトへの変更
IMG_4274-iP7.jpg

●月齢11.8 2017.6.6 22:51(EOS 6D + BORG107FL, 1.4 x TELECON GR, 840mm, F7.9, ISO320, 1/640秒)
IMG_2547-6d1.jpg
●月齢11.7 2017.6.6 22:33(EOS 5DIII + Prominar 850mm, F9.6, ISO400, 1/160秒)
0K6A2558-8.jpg

【Vixen AP赤道儀三脚へのプレート作成】
電源、コントローラー、リモートコントローラーなどを置くプレートを作成した。プレートには換気用フードを用いた。
 Uボルト(1/4インチ 配管外径42.7mm) ¥158 x 2個 および蝶ナット(1/4インチ)4個
 曲板黒25 x 100mm ¥612 x 2個
 換気用フード1KS−77P ¥666

●Vixen AP赤道儀用三脚プレート
PlateSystem.jpg

【BORG107FL天体鏡筒セットCRで地上物を撮影する】
BORG107FLは天体撮影の他、軽いので手持ちで望遠レンズとして使用することもできる(といっても大きいので三脚使用は必要と思う)。そこで、どのくらい近くの対象物が撮影出来るか調べてみた。対象物(キレンゲツツジ)までメジャーを置いて測定した。

天体鏡筒セットCRのみでは地上物の撮影はできない。【7604】M57/60延長筒Lまたは【7861】M57ヘリコイドLIIIまたはその両方の使用が必要である。これらを使用してフォーカスの合う最短距離を測定した。その結果、【7604】M57/60延長筒Lではおよそ6メートル、【7861】M57ヘリコイドLIIIではおよそ4.7メートル、両者併用ではおよそ3メートルであった。

●BORG107FLで地上物を撮影する
IMG_4229-iP7.jpg

●【7604】M57/60延長筒L:6メートル
IMG_2495-6d1.jpg
●【7861】M57ヘリコイドLIII:4.7メートル
IMG_2494-6d1.jpg
●両者併用:3メートル
IMG_2493-6d1.jpg

天文ガイド7月号のonline storeでVixen APで使用できるカーボン三脚が発売された。少しでも軽くしたいためオーダしていた。6月15日に到着し、組み立てた。これで日食遠征システムの完成である。

●Vixen APによる日食遠征システム
IMG_4305-iP7.jpg


【2017年8月21日アメリカ皆既日食ツアー情報】

【FileMaker Pro 12〜15用サンプルファイル公開】


ビクセンAP赤道儀のツイン化とBORG107FL [日食]

2017年8月21日のアメリカ皆既日食が迫ってきた。今回はプロミネンスとコロナを別々の望遠レンズで撮影するよう2台持って行く準備をしている。また、先週〜今週は曇り〜雨の日が多く、星野写真も野鳥もあまり撮影出来なかった。

【5月27日(土)】
前日の金曜日とこの日の午前中は、JHQCという病院の審査を受けていた。やっと解放されて、紅雪庭でモリテン、それも大盛りを摂った (^^) 入院していた赤ちゃんは、順調に成長してこの週の初めに退院していた。しばらく我が家で過ごし、8月に函館に戻る予定である。この日の午後、娘夫婦と両家の両親6名が我が家に集まって命名式を行なった。

●紅雪庭のモリテン
IMG_4201-iP7.jpg

【5月28日(日)】
朝、自宅横の東部中央公園〜忠別川堤防を歩いた。天候はほぼ曇り。忠別川河川敷でホオジロ、東部中央公園でアカゲラを撮影できたのみ。

●東部中央公園(iPhone 7 Plus)
IMG_4204-iP7.jpg
●ホオジロ♂(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A1959-8.jpg

0K6A1960-8.jpg
●アカゲラ♂(同)
0K6A2008-8.jpg

昼、自家用車で帰る娘の夫とご両親を見送ってから、梅光軒で昼食後、前回キビタキとオオアカゲラに遇えた嵐山公園に向かった。梅光軒では野菜ラーメン・味噌を摂った(最近はまっている)。

●梅光軒の野菜ラーメン・味噌
IMG_4208-iP7.jpg

嵐山公園に着く手前から雨になった。駐車場でしばらく待った。ぜんぜん止む気配がない。何も撮影出来ないまま引き上げてきた。注文していたBORG107FL天体鏡筒セットが予定よりかなり早く届いた。夜、組み立ててみる。予想外に大きかったが、予想以上に軽い。カメラ接続に必要なカメラマウントホルダー【7000】が足りないのに気づき、追加注文した。

【5月30日(火)】
夜、久しぶりに晴れて月が見えた。BORG107FLで月を眼視観測、よく見える!カメラマウントホルダーがまだ届かないため、撮影はいつものProminarで行なった。

●月齢4.7 2017.5.30 20:45(EOS 5DIII + Prominar 850mm, F9.6, ISO1600, 1/100秒)
0K6A2103-8.jpg

【5月31日(水)】
BORG107FL用のカメラマウントホルダーが届いた。1.4倍テレコンバーターGR【7215】とマルチフラットナー1.08XDG【7108】を着けるとかなり長くなる。やや苦労してセット終了。バルコニーに持って行くと、月は雲の向こうに消えてしまった。

●BORG107FL天体鏡筒セット+テレコン+マルチフラットナー
IMG_4210-iP7.jpg

ビクセンAP赤道儀のバランスウェイト側にもう一つの望遠レンズを着けるように工作した。テレスコ工作工房のユニバーサルウェイト軸ユニット、ETSUMI止めネジE-6603、アイベルのCD-1微動マウント、ビクセン望遠鏡用アタッチメントプレートホルダーSX3810-05を用いた。

●バランスウェイト軸への接続部品
IMG_4222-iP7.jpg

●ビクセンAP赤道儀のツイン化完成*
IMG_4217-iP7.jpg
* BORG107FLはテレコンバーターとマルチフラットナーを外し、フードを縮めた状態。Prominarは500mmにした。

【6月2日(金)】
夜、雲は多く風が強かったが晴れ間に月が見えた。さっそくBORG107FLで撮ってみた。
●月齢7.7 2017.6.2 20:44(EOS 5DIII + BORG107FL, F5.6, 600mm, ISO400, 1/640秒, トリミング)
0K6A2186-8.jpg