So-net無料ブログ作成
検索選択

函館湯の川で親子旅行と函館公園のヤマガラ [旅行]

今年4月に結婚して函館に嫁いだ娘の話しで、この土日は夫が観楓会で一人になったとのことだった。天気予報では10月15日(土)〜10月16日(日)は全国的に晴れになっていたから、野鳥と星空撮影を兼ねて函館にプチ旅行することにした。直前だったが、函館湯の川プリンスホテル渚亭に宿が取れたので親子3人で宿泊した。

出発前日の10月14日(金)夜は綺麗に晴れていた。晴れた日には日課になっている月面撮影をした。

●月齢13.5 2016/10/14 21:55(EOS 5DIII + Prominar 850mm, F9.6, ISO400, 1/250秒)
0K6A2434-7.jpg

天気予報通り10月15日(土)は晴れていた。が、雲量は多かった。午前10時、旭川鷹栖から道央道にのり、札幌経由で函館へ向かった。遠い。途中有珠山SAで醤油ラーメンとミニチャーシュー丼の昼食を摂った以外はひたすら運転した。午後3:30頃、大沼公園終点で道央道をでて、午後4時ごろ娘宅に着いた。

●忠別川堤防とツインハープ橋(EOS 6D + Sigma 15mm F2.8 EXDG DIAGONAL FISHEYE)
IMG_0464-6d1.jpg
●有珠山SAにて(iPhone 6 plus)
IMG_3338-iP6.jpg

プリンスホテル渚亭に着くと日が暮れていた。

●函館山と夕焼け:渚亭の個室露天風呂より(EOS 6D + EF 24mm f/4L IS USM)
IMG_0470-6d1.jpg

深夜、海岸沿いを歩いた。晴れてはいたが、薄雲〜もやのかかった夜空は月明かりもあって明るい星しか見えなかった。

●プリンスホテル渚亭とオリオン座 2016/10/16 00:22(EOS 6D + EF 26mm f/4L IS USM, ISO800, 10秒)
IMG_0479-6d1.jpg

朝早く目覚めた。個室露天風呂に浸かっていると日の出が見えた。

●日の出:渚亭の個室露天風呂より 2016/10/16 6:12(iPhone 6 plus)
IMG_3346-iP6.jpg
●津軽海峡:渚亭の個室露天風呂より(EOS 6D + Sigma 15mm F2.8 EXDG DIAGONAL FISHEYE)
IMG_0489-6d1.jpg

朝食前、海岸で探鳥した。防波堤のウミネコと遠い波消しブロックの上にウミウとカモメが見えた。

●ウミネコ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A2452-7.jpg
●ウミウとカモメ(同)
0K6A2459-7.jpg

昨年2015/9/21の函館旅行で函館公園にたくさんヤマガラがいたのを思い出した。昨年同様、身障者用の駐車場しかなかったので、公園横に駐車した(駐禁ではない)。今回もヤマガラがいっぱい行き来していた。調べてみると、ヤマガラは函館の市の鳥になっていた、なるほど!

●旧函館博物館二号;函館公園内(EOS 6D + Sigma 15mm F2.8 EXDG DIAGONAL FISHEYE)
IMG_0501-6d1.jpg
●シジュウカラ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A2525-7.jpg

●函館市の鳥ヤマガラ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A2487-7.jpg

0K6A2540-7.jpg

0K6A2569-7.jpg

0K6A2551-7.jpg


どこでも虹と然別湖のナキウサギ [旅行]

北海道は急激に寒くなった。10月9日(日)〜10月10日(月)天気予報では旭川は曇り〜雨だが、道東はずっと晴れになっていた。思い立って、道東の鹿追町にある然別湖に行くことにした。夜は星空を撮影し、昼はナキウサギをみるつもりだ。幸い然別湖畔のホテルがとれた。

10月9日(日)出発日、大気が不安定で、急に晴れたり雨が降ったりを繰り返していた。朝、自宅横の東部中央公園や忠別川堤防で虹が見えた。天気予報ははずれた。然別湖へ向かう道中、どこも同じような天候だった。だから、どこでも同じような虹が見えた。

●東部中央公園と虹(EOS 6D + Sigma 15mm F2.8 EXDG DIAGONAL FISHEYE)
IMG_0406-6d1.jpg
●忠別川堤防と虹(EOS 6D + EF 26mm f/4L IS USM)
IMG_0447-6d1.jpg
●どこでも虹:鹿追町(iPhone 6 plus)
IMG_3291-iP6.jpg

鹿追町で「鹿追そば」の昼食にした。美味しかった。ただ、すぐ冷えるので、たれをもっと多くして欲しかったなぁ。それと鳥とごぼうももっと欲しい。

●鳥ごぼう:そば処大雪
IMG_3288-iP6.jpg

然別湖畔につくと雨になった。天気予報は完璧にはずれていた。夜、雨は上がったが、日中と同じように晴れたり曇ったりしていた。然別湖畔のホテル周辺は思いのほか明るいのと、糠平側が通行止めになっていたため、なかなか良い撮影場所が見つからなかった。結局、撮影場所を探している内に雲が広がってしまった。

翌朝10月10日(月)6:30、然別湖畔のガレ場に向かった。ガレ場には2〜3人が来ていた。着いた直後、ナキウサギが一瞬現れたが、枝かぶり状態でうまく撮れなかった。その後1時間以上待った。寒い。雪がちらついていた。動きがないので8:00ごろ朝食のためその場を離れた。

駐車スペースに戻ったところでfacebook仲間のSさんに出遭った。ナキウサギはもっと暖かい時間帯のほうが出やすいと教えてくれた。初対面だったが、後でSさんだと気づいた。

●然別湖畔ガレ場の霜(FinePix S1:奥さん撮影)
DSCF7547-3s.jpg

ホテルに戻り、朝食後チェックアウト、1時間ごとにでる然別湖観光の遊覧船に乗った。出港まで時間があったので桟橋で写真を撮っていると係のヒトに怒られた。遠いので何を怒っているのか聞き取れなかったが、あわてて乗船した。桟橋で写真を撮るのは危険だと言っていたのかも知れない。それなら乗船券を買うときに注意するか、注意の掲示をして欲しかったと思う。下船後足湯につかって引き上げた。

●然別湖と遊覧船乗り場(EOS 6D + Sigma 15mm F2.8 EXDG DIAGONAL FISHEYE)
IMG_0456-6d1.jpg
●遊覧船いさを(iPhone 6 plus)
IMG_3296-iP6.jpg

然別湖畔で探鳥とも思ったが、時間的にナキウサギのリベンジに時間を使うことにした。11:00前に先ほどのガレ場に着いた。Sさんがまだ粘っていた。ナキウサギは2回短時間現れたとのことだった。待つこと1時間、ついに良い位置に顔を出した。ちょうど私の目の前だ。私が撮影を開始すると、見に来た人たちが集まってきた。ナキウサギ1匹に撮影者10数人。

●然別湖畔のナキウサギ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A2237-7.jpg

0K6A2242-7.jpg

0K6A2253-7.jpg

0K6A2310-7.jpg

0K6A2356-7.jpg

0K6A2394-7.jpg

帰り道、鹿追町の〈森のキッチンかわい〉で昼食を摂った。鹿追町産の大平牛のステーキセットにした。たまたまここでナキウサギの写真展が開かれていた。

●鹿追町産ステーキセット
IMG_3314-iP6.jpg

帰り道も同じような天気だったから、同じような虹が見えた。

●鹿追町でみた虹:道の駅にて(iPhone 6 plus)
IMG_3319-iP6.jpg

旭川に帰った夜、一時晴れた。そのすきに久しぶりに月面を撮影した。

●月齢9.4 2016/10/10 19:23(EOS 5DIII + Prominar 850mm, F9.6, ISO640, 1/250秒)
0K6A2422-7.jpg

青い池の復活とオシドリ・アカゲラ・カワガラス [野鳥]

緩和ケアセンターの開設記念講演会や2017年8月21日のアメリカ皆既日食ツアー(脚注)申し込み開始など(開始すぐに定員オーバーになる)があり、ブログを更新するゆとりがなかった。一息ついたので、10月2日(日)に撮影してきた写真を一挙公開(それほどのものではありません ^ ^;)。

台風による水害で濁っていた美瑛の青い池が復活したとのことで行ってみた。確かに青い池に戻っていた。観光客も戻ってきたようだ。以前より透明度が増して池の底が見えていた。

●美瑛 青い池(EOS 5DII + Sigma 15mm F2.8 EXDG DIAGONAL FISHEYE)
0K6A1824-7.jpg

0K6A1833-7.jpg
 ↑奥さん
●同(EOS 6D + EF 70mm f/4L IS USM)
IMG_0382-6d1.jpg

中富良野ベベルイにジンギスカンの「ひつじの丘」と「星に手のとどくキャンプ場」がある。ここから近いので昼食はジンギスカンにした。「ひつじの丘」でジンギスカン・プレミアムを注文した。羊特有の臭みはまったくない。外で食べるジンギスカンは一段と美味しかった。「星に手のとどくキャンプ場」の営業は4月29日〜10月10日なので、来るなら来年だな。

●ジンギスカン「ひつじの丘」
IMG_3263-iP6.jpg
●ジンギスカン・プレミアム
IMG_3260-iP6.jpg
●星に手のとどくキャンプ場
IMG_0399-6d1.jpg

ここから富良野の鳥沼公園へ向かった。すぐ着いた。鳥沼公園の池にマガモとオシドリの♂(エクリップス)と♀がいた。

●オシドリの♂(エクリップス)と♀:鳥沼公園(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A1851-7.jpg

旭川へ帰る途中で、いつもの探鳥コースである忠別湖近くの小川に寄った。久しぶりに428を持ってきていた。アカゲラとカワガラスの幼鳥に出遭った。しばらくF5.6になっていたのを気づかず、せっかくのF2.8を使ってF5.6で撮影していた。ワガラスの幼鳥はぜんぜんヒトを恐れなくて、撮影しているとむしろ近寄ってきた。奥さんもカワガラス幼鳥をFinePixで動画撮影していた。

●アカゲラ(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM;F5.6で撮影)
0K6A1978-7.jpg
●同(FinePix S1; 奥さん撮影)
DSCF7488-3s.jpg

●カワガラス幼鳥(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM;F5.6で撮影)
0K6A2045-7.jpg
●カワガラス幼鳥(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM;F2.8で撮影)
0K6A2165-7.jpg

0K6A2204-7.jpg

●すぐ近くのカワガラス幼鳥(FinePix S1動画;奥さん撮影)


【脚注】2017年アメリカ皆既日食ツアー
2017年8月21日アメリカ合衆国を横断する皆既日食がある。2016年10月8日と2016年10月13日の時点での予約状況はネットで調べたところ以下のようである。
●星ナビ協賛、セブンカルチャーネットワークの「アメリカ皆既日食観測とアリゾナ天文台めぐり 9日間」は9月20日10:00販売開始直後に予約終了した。2016/10/13 キャンセル待ちになっている。
●星ナビ協賛、クラブツーリズムの「Dプラン:グランドティートン地区ティートンビレッジ内高級ホテルにゆったり3連泊! 6日間」は9月20日10:00販売後すぐにキャンセル待ちとなった。
●星ナビ協賛、クラブツーリズムの「Aプラン:世界遺産イエローストーン&グランドティートン国立公園をじっくり周遊 8日間」9月20日10:00販売後昼過ぎまで予約できたが、午後には予約キャンセル待ちとなった。
●天文ガイド協賛、西鉄旅行の『Aコース 東京発 アメリカ皆既日食観測ツアー 5日間』は10月7日10:00販売後すぐにキャンセル待ちとなった。2016/10/13 受付終了となっている。
●天文ガイド協賛、西鉄旅行の『Bコース 東京発 アメリカ皆既日食観測とアリゾナ・グランドキャニオン周遊 8日間』は10月7日10:00販売後すぐにキャンセル待ちとなった。2016/10/13 受付終了となっている。
●天文ガイド協賛、西鉄旅行の『Cコース 福岡発 アメリカ皆既日食観測ツアー 5日間』は10月7日10:00販売後当日は予約できたが、翌日にはキャンセル待ちとなった。2016/10/13 キャンセル待ちあり。

今後の販売予定
●天文ガイド協賛、日通旅行の「アメリカ皆既日食観測ツアー@キャスパー8日間」
●クラブツーリズム、2016年10月19日9:15販売開始「Eプラン:女性限定ホテル・テラに3連泊宙6日間」と「Bプラン:コンパクトにめぐる5日間」、「Cプラン:カジュアルホテルで楽しむ6日間」
●国際航空旅行サービス、各種のコース
●阪急交通社、Aコース:マドラス4日間、Bコース:マドラス&ロサンゼルス6日間、Cコース:マドラス&アリゾナ大隕石隕石孔・グランドキャニオン7日間、Dコース;アイダホフォールズ&イエローストーン8日間