So-net無料ブログ作成
検索選択

美瑛美宙とイチゴ月と初夏の野鳥たち [天文・野鳥]

この一週間は用事の合間に少しずつ探鳥していた。6月18日(土)内視鏡の仕事後、紅雪庭でモリテン、その後64ーロクヨンー後編を見てきた。なるほど、そういうことか。6月19日(日)娘の結婚式のビデオを母に見せるために帯広の実家に出発した。途中で、美瑛に天文台つきの施設ができた記事をみたので寄った。美瑛役場前で、丘のまち郷土学館「美宙」といい、確かに天文台がついていた。7月9日オープンしたら行ってみたい。

●丘のまち郷土学館「美宙」
IMG_2845-iP6.jpg

お昼に帯広に到着した。帯広駅前「ぱんちょう」で昼食と思ったが、長蛇の列をみて挫折、「いっぴん」に変更した。私にはタレの甘みが強過ぎるかな。

●「いっぴん」の豚丼
IMG_2848-iP6.jpg

帯広の実家から旭川に帰る際、緑が丘公園に寄った。今回は雨模様で暗かったためかブレた写真ばかりとなった。ブレてないエゾリスだけ提示。夕方18:30ごろ旭川空港付近に着くと、道路脇にノビタキ♂がいたので車内から撮影した。

●エゾリス(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A7441-6.jpg
●ノビタキ♂(同)
0K6A7520-6.jpg

6月20日(月)はストロベリームーンとのことだった。曇っていたが雲の切れ目からやっと満月が見えた。

●ストロベリームーン:月齢15.4(2016/6/20 21:51 EOS 5DIII+Prominar 350mm F4.0, ISO800, 1/15" + 1/160" 合成)
stroberrymoon1.jpg
●ストロベリームーン・拡大:月齢15.4(2016.6.20 21:42 EOS 5DIII+Prominar 850mm F9.6, ISO400, 1/160")
0K6A7583-6.jpg
※ホワイトバランスを太陽光にした。実際に見た感じに近い。

年に一度の赤い月が見えるというわけではない。アメリカンインディアンがイチゴの収穫時期の6月に見える満月をストロベリームーンと名付けただけだ。この時期月の高度が低いので赤く見えやすいが、昇ってしまえば普通の満月である。他の時期でも、高度が低ければ赤く見える。

翌日6月21日(火)は夏至。空の状態は昨日と同じだった。雲の切れ目から月を撮影した。

●夏至の日の月:月齢16.4(2016/6/21 21:51 EOS 5DIII + Prominar 350mm, F4.0, ISO400 1/4" + 1/400" 合成)
moon_geshi2.jpg
※ホワイトバランス:太陽光

●夏至の日の月・拡大:月齢16.4(2016/6/21 22:07 EOS 5DIII + Prominar 850mm, F9.6, ISO400 1/160")
0K6A7772-62.jpg

翌日6月22日(水)夜は晴れた。引き続き月を撮影した。

●月齢17.5日(EOS 5DIII+Prominar 850mm F9.6, ISO400, 1/160")
0K6A7786-62.jpg

6月23日(木)朝、久しぶりの青空。出勤前に自宅周辺で探鳥、コムクドリとニュウナイスズメを見た。

●東部中央公園:6月23日
DSCF6866-iP6.jpg
●コムクドリ♀(FinePix S1)
DSCF6860-3s.jpg
●ニュウナイスズメ♂(同)
DSCF6863-3s.jpg

夜、駅イオンの「かに本家」で食事。奥さんの誕生日に便乗して久しぶりに毛ガニを食べた。密かに買っておいたSEIKO LUKIAをあげた。これで夫婦ともソーラー電波時計になった。私のCITIZEN EXCEEDは、誕生日に娘からプレゼントされたものだ。

6月25日(土)は完全休日だったが午前中は雨が降った。所用でボランティア出勤、自宅に戻ると雨が上がった。いつもの探鳥コースを回った。用意できたところでは428で撮影した。

キトウシ森林公園ではキビタキの声が響いていた。探し回って、やっと見つけた。雨上がりの公園内を歩き回り、足はずぶ濡れになった。ここでの鳥果はこれだけだった。忠別湖付近の畑で多数のノビタキ、ホオジロ、カワラヒワを見たが、比較的近くにいたノビタキだけ撮影できた。忠別湖付近の小川ではまだカワガラスが営巣していて、せっせと餌を運んでいた。すぐ近くに留まってくれた。

●キビタキ(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM )
0K6A7815-6.jpg
●ノビタキ♂(同)
0K6A7858-6.jpg
●カワガラス(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM )
0K6A7889-6.jpg

0K6A7929-6.jpg

東神楽町から西神楽町経由での帰り道、十勝岳連峰にかかる靄が一部虹色に見えた。いつもノビタキのいる旭川空港付近の道路脇にやっぱりノビタキがいた。

●十勝岳連峰:就実の丘付近(EOS 5DIII + EF24-70mm F4L IS USM; 24mm)
0K6A7994-6.jpg
●虹色の靄(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM )
0K6A7993-6.jpg
●ノビタキ♂(同)
0K6A8014-6.jpg

6月26日(日)も雨だったので探鳥は諦めて「クリーピー」を見に行った。香川照之の異様さが光っていた。北九州監禁事件や尼崎事件など、警察が長期にわたり動かなかった事件を思い出した。平気でウソをつき、たくみにヒトの心を支配していく、突然キレる。最近政治家にもいる。怖い映画だったが面白かった。

ノビタキ・ホオジロ・ベニマシコなど:初夏の旭川にて [野鳥]

先週土曜日6月11日は所用で旭川を離れることができず、自宅付近の忠別川堤防から旭川周辺を探鳥してきた。今回は一人でCRVを運転して、いろいろな場所で撮影 ^ ^;

●忠別川堤防;6月11日(土)
DSCF6834-3s.jpg
●ホオアカ(FinePix S1)
DSCF6816-3s.jpg
●ホオジロ(FinePix S1)
DSCF6833-3s.jpg
●エゾリス(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM)
0K6A7000-6.jpg
●ヒバリ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A7031-6.jpg
●ベニマシコ♂(同)
0K6A7067-6.jpg
●ノビタキ♀(同)
0K6A7086-6.jpg
●ノビタキ♂(同)
0K6A7091-6.jpg

夜、薄雲あるも久しぶりに晴れたので自宅バルコニーで月を撮影した。その後、深夜から薄明までときどき夜空をチェックしていたが空全体が薄雲で覆われていた。標準レンズ(EF 24-70mm f4L IS USM)用のソフトフォーカスフィルターを購入したので、綺麗な天の川を撮影したいのだが、昼晴れても夜は薄雲がかかった状態が続いている。

●月齢6.4(2016/6/11 20:50 EOS 5DIII + Prominar 850mm, F9.6, ISO800, 1/80秒)
0K6A7133-6.jpg

翌日6月12日(日曜日)は昨日よりは雲量が少なくなっていた。午後2時から仕事関係の会合に出席しなければならず(号泣)、探鳥は12時半までの時間制限となった。さらに奥さんは買い物に行ったので、今回も一人で旭川周辺を探鳥してきた。

●東部中央公園;6月12日(日)
DSCF6835-3s.jpg

鳥果を期待して東川のキトウシ森林公園とペーパンの21世紀の森に行ってみた。この時期、森は駄目なのかな?まったく野鳥に出遭うことがなかった。時間が迫っているので草々に切り上げて、東神楽町〜旭川空港方面を経由して帰った。どうにか、道路沿いにいたノビタキとホオジロを撮影できた。

●東神楽町の農道にて
IMG_2826-iP6.jpg
●ノビタキ♂(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A7259-6.jpg
●ノビタキ♀(同)
0K6A7235-6.jpg
●ホオジロ(同)
0K6A7326-6.jpg



ノビタキ・モズ・キビタキなど:浦臼と滝川公園にて [野鳥]

6月第一週の土日は完全な休日だった。雨模様だった6月4日(土)はイオンシネマで「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」をみた。湯川教授のガリレオ路線にみえた。決してガリレオのようには面白くないのでお勧めしない。

6月5日(日)は雲は多いものの晴れてきた。思い立って、これまで行ったことのない浦臼方面へ行ってみた。浦臼に入ると、「神内和牛あか」を出荷している神内ファーム21があった。和牛だけでなく羊も放牧されていた。道路脇にノビタキがたくさんいた。以下、風景写真で無表示のものはEOS 5DIII + EF 24-70mm f4L IS USMで撮影した。

●神内ファーム21:羊の放牧場
0K6A6805-6.jpg
●ノビタキ♂(EOS 5DIII +EF400mm F5.6L USM)
0K6A6833-6.jpg

0K6A6816-6.jpg
●ノビタキ♀(同)
0K6A6866-6.jpg
●ノビタキ♀(同)
0K6A6877-6.jpg

北海道ワインの鶴沼ワイナリー直販店があった。せっかくなので鶴沼Zweigeltという辛口赤を購入。癖なく美味しいと思った。別にワインには詳しくないが。知人にやたらワインに詳しくてワインセラーを作っている人達が多く、話がよく分からない。道路脇にニュウナイスズメやモズやホオジロがいた。

●鶴沼ワイナリー直販店とぶどう園
0K6A6913-6.jpg
  直販店↑

●ニュウナイスズメ♂(FinePix S1;奥さん撮影)
DSCF6757-3s.jpg
●モズ(同)
DSCF6784-3s.jpg
●モズ(同)
DSCF6791-3s.jpg

●石造り倉庫(ワイン資料館)
0K6A6905-6.jpg
●ホオジロ(FinePix S1;奥さん撮影)
DSCF6774-3s.jpg

神内ファーム21自体には直販所が見当たらなかったから、道の駅つるぬまにある直売所ですき焼き用の牛肉を購入してきた。

帰り道、滝川公園に寄った。予算がないのか公園内は整備されておらず、倒木注意の警告があった。池でカワセミを見たが、警戒心強く結局撮影できなかった。撮影出来たのはニュウナイスズメ、キビタキ、コムクドリだった。

●滝川公園(iPhone 6 plus)
IMG_2792-iP6.jpg
●滝川公園のエゾヤマツツジ
0K6A6916-6.jpg
●ニュウナイスズメ♀(EOS 5DIII +EF400mm F5.6L USM)
0K6A6948-6.jpg
●キビタキ♂(同)
0K6A6979-6.jpg
●キビタキ♂(FinePix S1;奥さん撮影)
DSCF6800-3s.jpg
●コムクドリ♂(EOS 5DIII +EF400mm F5.6L USM)
0K6A6987-6.jpg

鷹栖インターで高速から降りると、虹が見えていた。イオンの屋上駐車場に車を停めて撮影したころには地上近くだけ虹が残っていた。

●地上近くだけの虹(iPhone 6 plus)
IMG_2796-iP6.jpg



天の川のCLSフィルター効果とオオアカゲラとハイタカ [天文・野鳥]

最近、晴れてもモヤがかかったような透明度の悪い状態が続いている。5月27日(金)夜もそんな状態だった。光害カットフィルターの効果をみるため、美瑛郊外に行って天の川を撮影してみた。夏の大三角形付近を撮影すると、ISO1600、露出1分を超えると白くかぶる状態だったから、その条件で多数撮影した。光害カットフィルター(Astronomik CLS EOS XL Clip-Filter)を着けると、ISO6400、露出1分で同程度に写ったので同様に処理した。画像処理はRAW画像をStellaImage7でコンポジット、色調調整、PhotoShop CS5でトーンカーブ調整し、トリミングして周辺減光部を除いた。

●天の川:CLSフィルターなし(2016/5/27 22:08 EOS 5DIII + Sigma 20mm EXDG, F3.2, ISO1600, 露出1分 x 11枚コンポジット)
0K6A6562-6cpst2.jpg
●天の川:CLSフィルターあり(2016/5/27 22:34 EOS 5DIII + Sigma 20mm EXDG, F3.2, ISO6400, 露出1分 x 10枚コンポジット)
milkywayCLS.jpg
光害カットフィルターで赤い星雲が強調されるのが分かるが、フィルターなしでも自然な感じで良いかも知れない。

5月28日(土)午前は内視鏡の仕事だった。同じ頃、奥さんはリクとボンの散歩中にアオサギやカワラヒワを撮影していた。

●アオサギ(FinePix S1)
DSCF6694-3s.jpg
●カワラヒワ(同)
DSCF6685-3s.jpg

午後1時に仕事が終わってから、おかだ紅雪亭でモリテンの昼食を摂った。美味し!

●モリテン:紅雪亭
IMG_2774-iP6.jpg

昼食後428を載せてキトウシ森林公園に行った。公園内でヤマゲラとオオアカゲラに出遭った。曇っていて暗かったのでISO800で撮影。不注意でF3.2になっていた。

●ヤマゲラ(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM;F3.2)
0K6A6730-6.jpg

0K6A6740-6.jpg

●オオアカゲラ(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM;F3.2)
0K6A6637-6.jpg

0K6A6668-6.jpg

5月29日(日)4年ぶりに万里の長城に行った。中国のじゃなくて、下川町の万里の長城ですが、何か。前回はコサメビタキやシマリスに出遭えたが、今回はホオジロをみたのみだった(撮影は失敗した)。

●万里の長城:下川町
DSCF6705-3s.jpg

DSCF6701-3s.jpg
↑私     

収穫のないまま帰宅。何か撮影したいと思って、忠別川河川敷〜東光スポーツ公園まで歩いた。パークゴルフ場でホオアカと思われる声がしたので探していた。突然、背後からハイタカが目の前に飛んで来た。1羽のスズメが気づいて逃げたが、あっという間に捕らえられてしまった。ビックリした。

●東光スポーツ公園のパークゴルフ場
IMG_2780-iP6.jpg
●ハイタカ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A6774-6.jpg

EOS 5DIIIは望遠か広角レンズで使用していたため、標準レンズを持っていなかった。今回、EF24-70mm f/4L IS USM標準ズームレンズを購入した。Sigma 20mm EXDG F1.4と星像を比較してみた。Sigma 20mm EXDGはF1.4で撮すと周辺のコマ収差が大きいため、通常F3.2で使用していた。今回はF4.0にして両者を比較した。一方、空の状態もあまり良くなく、通常は天の川が綺麗に見える就実の丘に行って撮影した。

●スカイメモSによる撮影風景
IMG_2783-iP6.jpg
●天の川:Sigma 20mm EXDG(2016/5/29 21:40 F4.0, ISO3200, 露出30秒)
0K6A6800-6.jpg
●天の川:EF24mm f/4L IS USM(2016/5/29 21:31 F4.0, ISO3200, 露出30秒)
0K6A6796-6.jpg

Sigma 20mm EXDGはF4.0に絞ると周辺のコマ収差はかなり軽減された。EF24-70mm f/4L IS USMは24mmで撮影すると周辺のコマ収差はほとんど見られなかった。