So-net無料ブログ作成
検索選択

ワッカ原生花園にノゴマを撮りにいく [野鳥]

今年もオホーツク海側にあるワッカ原生花園にノゴマに遭いに行った。先日結婚式を挙げた娘も合流して、5月22日(日)朝、CRVで出発。当方EOS 5DIII + EF400mm F2.8とF5.6、奥さんFinePix S1、せっかくなので娘には以前使っていたEOS kiss X3 + EF-S 250mmを渡していた。

●ワッカ原生花園
IMG_2769-iP6.jpg

ネイチャーセンターで自転車を3台借りた。当方428をリュックに入れて背負い、EOS 5DIII + EF400mm F5.6を首からぶら下げ、自転車カゴにGITZO三脚を積んで走りだした。重労働だ。途中で後輪のタイヤの空気が抜けてきた。当方だけ引き返して自転車を換えてもらったので、奥さんと娘とは別行動になった。

ノゴマの声はあちこちで聞こえるものの遠かったので、なかなかシャッターチャンスがなかった。状況は奥さんも娘も同じだったようだ。みんなで撮った写真のうち、遠いノゴマと比較的近くで撮影できたと思われるオオジュリン、ノビタキ、ハクセキレイ、モズ、アオジを示す。

●遠いノゴマ(FinePix S1;奥さん撮影)
DSCF6664-3s.jpg

●オオジュリン♂(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A6272-6.jpg
●ノビタキ♂(同)
0K6A6494-6.jpg
●ノビタキ♀(同)
0K6A6521-6.jpg
●ノビタキ♀(EOS kiss X3 + EF-S 250mm;娘撮影)
IMG_1940-Ran.jpg
●ハクセキレイ(同;娘撮影)
IMG_1884-Ran.jpg
●モズ(FinePix S1;奥さん撮影)
DSCF6563-3s.jpg
●アオジ(同;奥さん撮影)
DSCF6615-3s.jpg

第二湖口橋付近でやっとやや近いノゴマに遭遇。ただ428を組み立てているうちに逃げてしまったり、逆光のノゴマになってしまったり。ベニマシコを撮り逃がしたりした。結局今回も428の能力を発揮できないままとなった。奥さんがFinePix S1で撮ったノゴマのほうが綺麗だったりする ^ ^;

●第二湖口橋
DSCF6631-3s.jpg
↑娘

●終点の東屋付近
IMG_1924-RAN.jpg
↑疲れ切ったおじさん

●ノゴマ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A6340-6.jpg
●ノゴマ(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM)
0K6A6428-6.jpg

0K6A6445-6.jpg
●ノゴマ(FinePix S1;奥さん撮影)
DSCF6651-3s.jpg

DSCF6655-3s.jpg

このところ、夜間は晴れていてもモヤのかかったような空で、しばしば赤みがかった月が見えていた。下の写真はいずれもEOS 5DIII + Prominar 850mm F9.6で自宅バルコニーで撮影、ISO400〜800, 露出1/80"〜1/200"である。

●月齢10.8と月齢12.7
moon10_12.jpg
左:2016/5/17 22:26 右:2016/5/19 22:12
●月齢13.8と月齢14.8
moon13_14.jpg
左:2016/5/20 23:17 右:2016/5/22 0:33
●月齢16.8
0K6A6556-6.jpg
2016/5/24 1:05

初夏の旭川近辺の野鳥たち [野鳥]

奥さんが所用で札幌に行くため5月19日(木)は早朝にリクとボンの散歩を済ませた。出勤まで時間があるので、東部中央公園〜忠別川河川敷を歩いた。ハシブトガラ、コムクドリ、シメを撮影して出勤時間になった。

●初夏の東部中央公園
IMG_2741-iP6.jpg
●ハシブトガラ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM;以下同じ)
0K6A5804-6.jpg
●コムクドリ♂
0K6A5861-6.jpg
●コムクドリ♀
0K6A5854-6.jpg
●シメ
0K6A5872-6.jpg

5月21日(土)は完全休日。当方EF400mm F5.6LとEF400mm F2.8、奥さんFinePix S1をもって、朝から旭川周辺を回った。忠別湖近くの小川で428をセットした。重いのであまり移動せず、待っていたが野鳥はさっぱり近くに現れなかった。少し先にご近所のSさん夫妻がすでに来ていた。奥さんもそこに合流してカワガラスやウグイスを撮影していた。

●ウグイス(FinePix S1)
DSCF6475-3s.jpg
●カワガラス(同)
DSCF6480-3s.jpg

久しぶりに美瑛の「森の神様」に行った。当方キビタキ、ウグイス、オオアカゲラを撮影したが遠かったので400mm F5.6ではあまり良い写真にならなかった。むしろ奥さんのFinePix S1のほうが良く写っていた。

●キビタキ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A6045-6.jpg
●オオアカゲラ(FinePix S1)
DSCF6490-3s.jpg

DSCF6495-3s.jpg

美瑛からは旭川をはさんで反対側の江丹別にある「とみはら自然の森」へ向かった。途中、農道脇の電線によくノビタキが留まっていた。

●東神楽町の農場
DSCF6515-3s.jpg
●ノビタキ♂(FinePix S1)
DSCF6459-3s.jpg
●ノビタキ♀(同)
DSCF6504-3s.jpg

江丹別へ向かう途中、永山の北々亭で昼食をとった。とみはら自然の森では、前回、近くにキビタキがやって来た同じ場所に428をセットして構えていた。今回は駄目だった。遠くにキビタキ♂とツツドリがやって来たのみだった。総じて428が活躍できないまま一日が終わった。

●とみはら自然の森
IMG_2757-iP6.jpg
一週間前満開だったエゾヤマザクラは完全に散っていた

●キビタキ♂(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM)
0K6A6137-6.jpg
●ツツドリ(同)
0K6A6164-6.jpg



とみはら自然公園のキビタキとCLSフィルターの効果 [野鳥・天文]

【野鳥関連】
5月15日(日)旭川市江丹別にある「とみはら自然の森」に行った。久しぶりに重い428を持って行った。奥さんはいつものFinePix S1である。思惑通りキビタキに遭えた。コサメビタキキビタキ♂♀が近くにやって来た【脚注参照】。遠かったがベニマシコやヤマゲラも撮影できた。

●まだ満開のエゾヤマザクラ:とみはら自然の森(FinePix S1)
DSCF6402-3s.jpg
↑私       

コサメビタキ キビタキ♀(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM)
0K6A5630-6.jpg

0K6A5640-6.jpg

0K6A5677-6.jpg

●キビタキ♂(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM)
0K6A5696-6.jpg

0K6A5702-6.jpg

0K6A5724-6.jpg

0K6A5730-6.jpg
●キビタキ♂(FinePix S1)
DSCF6420-3s.jpg

●ベニマシコ♂(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM)
0K6A5588-6.jpg
●ベニマシコ♀(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM)
0K6A5605-6.jpg
●ヤマゲラ(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM)
0K6A5567-6.jpg

とみはら自然の森に向かう途中、鷹栖の水田にタカブシギの小集団がいるのが見えた。車を停めて奥さんが撮影した。

●タカブシギ(FinePix S1)
DSCF6373-3s.jpg

DSCF6377-3s.jpg

帰宅後、ポメラニアンのリクとボンの散歩で東部中央公園を歩いた。ほとんどの桜は散ってしまったが、まだ散っていなかった1本のエゾヤマザクラにヒヨドリが留まっていた。

●ヒヨドリ(FinePix S1)
DSCF6435-3s.jpg

【天文関連】
通常の一眼レフで星野写真を撮影すると赤い星雲がよく写らない。ローパスフィルターで赤い光がカットされてしまうためだ。赤の中でも星雲の光であるHα領域の光は透過するようにしたものが赤外(IR)カットフィルターである。このフィルター交換をIR改造といい、赤い星雲がよく写るようになる。が、通常使用には不向きになってしまう。無改造カメラでも、光害カットフィルターの装着で赤い光(Hα光)を浮かび上がらせる効果がある。今回、EOS 5D, 6D用の光害カットフィルター Astronomik EOS XL Clip-FilterをT-Factoryから購入した。5月15日(日)深夜、CLSフィルターを用いて射手座のM20三裂星雲、M8干潟星雲を撮影してみた。画像処理過程が必要だが、フィルター効果は十分あるようだ。

1. Astronomik EOS XL Clip-Filterの装着
●MENUからミラーアップ撮影をONにする
IMG_2736-iP6.jpg
●シャッターを押しミラーアップ後CLSフィルターをはめ込む
IMG_2734-iP6.jpg
※フィルター装着は現地で撮影直前におこなう

2. 撮影
●Prominar 350mm + Vixen AP赤道儀
IMG_2723-iP6.jpg
はじめにフィルターなしで撮影、次に同じ構図でCLSフィルターを装着して撮影(CLSフィルターを装着するとファインダーが使用できないため)。撮影開始にはリモートコントローラーのボタンを2回押す必要がある(1回目はミラーアップ状態、2回目で開始)。

●M20とM8:CLSフィルターなしとありの元写真
M8_M20.jpg
EOS 5DIII + Prominar 350mm F4.0
(左:CLSなし) 2016.5.15 2:25, ISO3200, 露出2分
(右:CLSあり) 2016.5.15 2:33, ISO5000, 露出2分;元写真では背景が青いだけで、フィルター効果はよくわからない。

3. 画像処理
RAW画像で保存した2枚のファイルを用意した(ISO5000, 2分とISO3200 3分)。
StellaImage 7(AstroArts)で2枚コンポジット、カラーバランス調整、デジタル現像(レベル調整、エッジ調整)をおこない、PhotoShop CS5でトーンカーブ調整を行った。画像処理後フィルター効果が明瞭となったようだ。

●M20とM8:CLSフィルターあり、画像処理後
M8-M20-2.jpg

【脚注】コサメビタキの記載の誤りについて 当初コサメビタキと記載した写真はキビタキ♀の誤りでした。ご指摘いただきましたquesoさん、ramblinさん、大変ありがとうございました。2016.5.17記事を訂正し、タイトルを「とみはら自然公園のキビタキとCLSフィルターの効果」に変更しました。

東部中央公園の留鳥と滝川公園のキビタキなど [野鳥]

病院キャッシュフロー経営という講習が5月14日(土)9:30から予定されていた。朝起きると快晴。講習に間に合う程度に、自宅横の東部中央公園〜忠別川河川敷を歩いた。留鳥のハクセイキレイ、シメ、ヒヨドリなどを撮影して自宅に戻った。

●忠別川河川敷FinePix S1)
DSCF6247-3s.jpg
●ハクセキレイ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM;以下同じ)
0K6A5412-6.jpg
●シメ
0K6A5415-6.jpg
●ヒヨドリ
0K6A5430-6.jpg

当方受講中、奥さんは所用のため滝川に行くことになっていた。その帰り、滝川公園に寄ると野鳥撮影中のヒトが2人いたとのこと。FinePix S1でキビタキ、コムクドリ、アオサギ、アオジなどを撮影してきた。

●滝川の菜の花畑(FinePix S1;以下同じ)
DSCF6253-3s.jpg
●滝川公園
DSCF6273-3s.jpg
●キビタキ
DSCF6256-3s.jpg
●コムクドリ
DSCF6271-3s.jpg
●アオサギ
DSCF6254-3s.jpg

講習会は午前中が講義、午後からはゲーム形式だった。当方のチームが最下位 (> <) 自分には向いてないなと思って帰ってきた。旭川市神楽にある「旬鮮かぐら」で夕食をとった。夜、星を撮りにいく予定だったから、ノンアルコールビールにした。アスパラの天ぷら、ブタ串:鳥串、ツブのバター炒め、カニ雑炊、海老天蕎麦注文。どれも美味かった。唯一私にはそばつゆがやや甘過ぎたくらい。

●旬鮮かぐら
旬鮮かぐら.jpg

天気予報は晴れだったが、空全体に薄雲がかかってしまった。自宅バルコニーで薄雲ごしの月を撮影した。シーイングは良いと思うが、ぶれたような写りになった。雲の影響かも知れない。

●月齢7.7 2016/5/14 20:47 EOS 5DIII + Prominar 850mm, F9.6 ISO640, 1/50秒
0K6A5453-6.jpg



GW最終:シマエナガとカワガラスとアルデバラン食 [野鳥・天文]

天候不良だった今年のゴールデンウィーク旭川は5月7日(土)が曇りのち晴れ、5月8日(日)ほぼ快晴となり、休日としてはゴールデンウィークの最終2日間が晴れとなった。自宅横の東部中央公園のエゾヤマザクラもやっと満開である。

●東部中央公園:5月7日午後FinePix S1)
DSCF6036-3s.jpg

歩いているとすぐ近くでジリリジリリの声が聞こえた。目の前にシマエナガが留まっていたので慌ててFinePix S1で撮影した。

●シマエナガ(FinePix S1)
DSCF6110-3s.jpg

最近通っている忠別湖近くの小川に行ってみた。キセキレイ、カワガラス、アカゲラ、ウグイスと出遭った。当方重い428と三脚をかついで歩いた。奥さんはFinePix S1で撮影した。

●キセキレイ(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM)
0K6A5112-6.jpg
●カワガラス(同)
0K6A5152-6.jpg
●アカゲラ(FinePix S1)
DSCF6130-3s.jpg
●ウグイス(同)
DSCF6149-3s.jpg

●自宅横の東部中央公園のサクラと噴水:5月8日朝(EOS 5DIII + Sigma EXDG 20mm)
0K6A5169-6.jpg

この日も東川の同じ場所へ行った。

●カワガラス(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM)
0K6A5239-6.jpg
●ゴジュウカラ(同)
0K6A5265-6.jpg

5月8日夕方、月齢1.6の月がおうし座α星アルデバランを隠す星食があった。旭川では潜入が18:20頃、出現が19:20頃と予測されていた(札幌での時刻)。当日の旭川の日没時刻は18:40だったので、アルデバランの潜入は観察が難しいと考えられた。

自宅バルコニーで観察した。アルデバランの潜入時刻には、双眼鏡でも月を見つけることが出来なかったので、当然潜入も観察できなかった。一方、アルデバランの出現は観察できた。しかし19:20より前に出現してしまったので、出現直後の撮影には失敗した。札幌での時刻より旭川での出現時刻が少しはやかったのだ。

アルデバランの出現を、月を基準にしてPhotoShop CS5で比較(明)合成した。元画像を後に示す。

●アルデバラン食:アルデバランの出現
アルデバラン食2.jpg

●元画像 EOS 5DIII + Prominar 850mm, F9.6, ISO1600(2016/5/8 19:19:54〜19:35:59 露出0.2" 0.5" 0.8" 1.3" 2")Vixen AP赤道儀
アルデバラン食1.jpg



GW後半のサクラ:好天の旭川から雨天の函館・松前へ [旅行]

GW後半5月3日(火)旭川は晴れていた。函館へ出発する前、リクとボンの散歩で東部中央公園〜忠別川河川敷を歩いた。奥さんは一足先にここでは珍しいアカハラを撮影していた。私は遅れて合流し、奥さんからFinePix S1をもらい、EOS 5DIIIの2台を抱えて物色しながら歩いた。カワラヒワ、ホオジロ、アオジ、ニュウナイスズメ♀(?)、アカゲラに出遭った。

●東部中央公園〜忠別川堤防:5月3日(FinePix S1)
DSCF5800-3s.jpg

●アカハラ(FinePix S1:奥さん撮影)
DSCF5798-3s.jpg
●カワラヒワ(FinePix S1)
DSCF5805-3s.jpg
●ホオジロ
DSCF5807-3s.jpg
●アオジ
DSCF5813-3s.jpg
●ニュウナイスズメ♀(?)
DSCF5810-3s.jpg
●アカゲラ♀(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A5004-6.jpg

0K6A5014-6.jpg

鷹栖ICから道央道に乗って函館へ向かった。道路は混んでいたが札幌まではうまく流れていた。ところが札幌からから千歳空港まで渋滞していた。晴れているだけに渋滞はもったい。途中、昼食のため白老で降りた。せっかくだから白老牛ステーキにする。ネットのレストラン情報に従い、天野ファミリーファーム、ウエムラ牧場へ行くも、あまりの客の多さに諦めた。3件目、レストラン カウベルでやっと入店。特上バーベキューを注文、炭焼きで食べる白老牛はとても美味しかった。

●白老牛の特上バーベキュー(iPhone 6 plus)
IMG_2593-iP6.jpg

再び道央道へ。終点の大沼公園出口でまたひどい渋滞。函館のホテルに着いたのはすっかり夜になっていた。夕食後、近くの五稜郭公園のサクラを見に行った。

●五稜郭タワーと夜のサクラ(iPhone 6 plus)
IMG_2611-iP6.jpg

翌5月4日(水)は雨だった。五稜郭タワー展望台に昇った後、五稜郭公園内を歩いた。カルガモ、スズメ、ヒヨドリ、コムクドリに出遭った。

●五稜郭公園(FinePix S1:五稜郭タワーより)
DSCF5826-3s.jpg

●カルガモ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A5040-6.jpg
●サクラとスズメ
0K6A5052-6.jpg
●サクラとヒヨドリ(FinePix S1)
DSCF5882-3s.jpg
●サクラとコムクドリ♂
DSCF5886-3s.jpg
●コムクドリ♀
DSCF5867-3s.jpg

先日結婚した娘夫婦と合流して松前に向かった。手打ち蕎麦おぐらで昼食後、松前公園内を散策した。血脈桜のところで雨足が強くなり引き上げた。

●松前城とサクラ(EOS 5DIII + Sigma 20mm F1.8 EXDG)
0K6A5072-6.jpg
●松前公園のサクラ
0K6A5084-6.jpg

0K6A5091-6.jpg
●コムクドリ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A5100-6.jpg

5月5日(木)函館国際ホテルに素泊まりで、朝食は函館朝市で摂ることにしていた。函館朝市は朝6時台にもかかわらず、クーポンの使える店は例外なく行列ができていた。どこも同じようなもんだろうと思って、すぐに入れる店でウニ・イクラ丼+イカソーメンを注文した。今一かな。次回からはきちんと行列にならんで食べることにしよう ^ ^;

●ウニ・イクラ丼+イカソーメン(iPhone 6 plus)
IMG_2664-iP6.jpg

旭川に戻った翌5月6日(金)は仕事だった。東部中央公園のサクラが開花していたので、出勤前に撮影した。

●東部中央公園のエゾヤマザクラ:5月6日(FinePix S1)
DSCF5948-3s.jpg

DSCF5951-3s.jpg
●同(奥さん撮影)
DSCF5985-3s.jpg

※ニュウナイスズメ♀かホオジロ♀か区別が難しい;2016.5.8追記

GW初日の嵐の後のアリスイ・ルリビタキ・ミソサザイ [野鳥]

ゴールデンウィーク初日は知床グランドホテル北こぶしを予約していた。夕食は会場入り口受付でバイキング側と料亭側に別れて入場するようになっており、前回の北こぶしに宿泊したときはバイキングだった。この次宿泊するときは料亭プランにしようと思っていた。そしてそのプランで予約してあったから、あいにく道東に強い低気圧がやって来ていたものの予定通り4月29日(金)CRVでウトロに向かった。天気予報通り、丸瀬布手前から雪になってきた。北こぶしに着く頃には吹雪になっていた。キャンセルがでたらしく、予定の部屋よりグレードアップした特別クラブフロアになった。食事処「木風」での夕食は前回より明らかに上質だった。ただ念のため用意した428などの撮影機材は使用する機会がなかった。

●雪のウトロ漁港とカモメ 4月29日:西館特別クラブフロアより撮影(FinePix S1)
DSCF5577-3s.jpg

翌日旭川に帰った。帰り道、雪の積もった畑にホオジロやヒバリがいたが、目的のオオワシやオジロワシには出遭えなかった。

5月1日(日)天候回復。朝、400mmF5.6望遠とFinePix S1を抱えて自宅横の忠別川河川敷を歩いた。アリスイ、アトリ、ヒヨドリ、カワラヒワ、アオジ、シジュウカラなどがいてにぎやかだった。

●忠別川河川敷:5月1日(FinePix S1)
DSCF5686-3s.jpg

●アリスイ(FinePix S1)
DSCF5690-3s.jpg
●アリスイ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A4601-6.jpg
●アトリ(同)
0K6A4619-6.jpg
●ヒヨドリ(同)
0K6A4624-6.jpg
●カワラヒワ(FinePix S1)
DSCF5683-3s.jpg

せっかく晴れてきたから、最近出番のなかった428を積んでキトウシ森林公園〜忠別湖方面を回った。キトウシ森林公園はだめだったが、忠別湖近くに小川でルリビタキ、ミソサザイ、カワガラスに出遭えた。

●ルリビタキ(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM)
0K6A4715-6.jpg

0K6A4742-6.jpg

0K6A4934-6.jpg

●ミソサザイ(同)
0K6A4835-6.jpg

0K6A4861-6.jpg

●カワガラス(同)
0K6A4810-6.jpg

撮影終了後、上富良野のまん作でもちみぞれ蕎麦を摂った。帰り道、車中から道路脇にいたノビタキ♂を撮影した。

●もちみぞれ蕎麦:上富良野まん作(iPhone 6 plus)
IMG_2592-iP6.jpg

●ノビタキ♂(FinePix S1)
DSCF5705-3s.jpg