So-net無料ブログ作成

宮島沼周辺へ結集するマガンと星雲星団の試し撮り [野鳥・天文]

初めてモーニングの着付けをおこなった。娘の結婚式に着る予定だ。札幌に一泊して、3月27日(日)朝はやくL特急で旭川に帰った。車窓から、あちこちでマガンが飛んでいるのが見えた。自宅に戻って、カメラを持って美唄の宮島沼に向かった。途中、雪解けの畑にオオハクチョウが、道路脇にはヒバリがやってきていた。

●オオハクチョウ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A3290-6.jpg
●ヒバリ(同)
0K6A3305-6.jpg

美唄に近づくにつれてマガンが飛んでいるのが見えてきた。ところが宮島沼はまだ雪に覆われていてマガンも来ていなかった。

●雪の宮島沼(iPhone 6 plus)
IMG_2454-iP6.jpg

マガンは飛んでいるので、どこかにいるはずだ。奥さん運転に変わり、マガンを追って車を走らせていると、雪解けのある畑に結集しているが見えた。

●雪解け畑とマガン(FinePix S1)
DSCF5013-3s.jpg

別の畑にもっとたくさんのマガンがいた。一匹のキタキツネがチョコチョコ走っていた。マガンはキタキツネが気にはなるようで、近づくと飛び立って逃げていた。

●マガン(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM + EF 1.4x III;560mm F4.0)
0K6A3485-6.jpg

●キタキツネとマガン(FinePix S1)
DSCF5038-3s.jpg
●同
DSCF5036-3s.jpg
●同(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM + EF 1.4x III;560mm F4.0)
0K6A3462-6.jpg
●マガン(FinePix S1)
DSCF5070-3s.jpg
●マガン(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A3524-6.jpg
●同
0K6A3528-6.jpg

3月28日(月)仕事帰り、空を見るときれいに晴れていた。夕食のビールは我慢して、Vixen AP-WM赤道儀をCRVに積んで旭川空港近くの農道へ向かった。Prominar 350mmで星雲や星団の試し撮りをするためだ。空の透明度はあまりよくなかった。露出は120秒では背景が赤くなりすぎるので90秒にした。

●Vixen AP-WM赤道儀とProminar 350mm(iPhone 6 plus)
IMG_2462-iP6.jpg

●りょうけん座M51 2016/3/28 21:41(EOS 5DIII + Prominar 350mm, F4.0, ISO2500, 90")
0K6A3538-6.jpg
●乙女座M104 2016/3/28 21:54(EOS 5DIII + Prominar 350mm, F4.0, ISO1600, 90")
0K6A3542-6.jpg
●ヘラクレス座M13 2016/3/28 22:18(EOS 5DIII + Prominar 350mm, F4.0, ISO1600, 90")
0K6A3548-6.jpg



十勝川下流域のオジロワシ・シジュウカラガン・丹頂鶴とキトウシのウソなど [野鳥]

今季オオワシを見ていない。3月19日(土)〜3月20日(日)帯広の実家へ行った帰り、オオワシ狙いで十勝川下流域の大津〜豊頃に寄ってきた。先週の暖かさから一転、快晴ながら寒の戻りで冷たい風が吹いていた。オオワシには出遭えなかったが、オジロワシ、マガンの渡り、シジュウカラガン※、丹頂鶴のダンスを見ることができた。

●十勝川下流の堤防:大津(iPhone 6 plus)
IMG_2341-iP6.jpg

堤防を走っていると、遠くに猛禽類がいるのが見えた。車を停めて、私は400mmF5.6望遠、奥さんはFinePix S1をもって堤防を降りた。警戒心強く、ちょっと近づくと遠くへ飛び立ってしまう。オジロワシの幼鳥だった。

●遠くに猛禽類:大津(FinePix S1)
DSCF4715-3s.jpg
●オジロワシ幼鳥(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A2718-6.jpg

0K6A2725-6.jpg

0K6A2833-6.jpg
●オジロワシ幼鳥(FinePix S1)
DSCF4742-3s.jpg
●上空のトビ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A2755-6.jpg

大津市街を通って太平洋岸にでてみた。カモメが飛び交っていた。

●大津の太平洋岸(iPhone 6 plus)
IMG_2343-iP6.jpg
●砂浜とカモメ(FinePix S1)
DSCF4725-3s.jpg
●太平洋上のカモメ(FinePix S1)
DSCF4723-3s.jpg
●太平洋上のカモメ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A2771-6.jpg

0K6A2773-6.jpg

大津からの帰り道、豊頃を走っているとマガンが飛んでいるのに気づいた。残雪の溶けかかった豊頃町の畑にたくさんのマガンが来ていた。マガンに混じってたくさんのシジュウカラガンがみられた※。絶滅危惧種であるが、保護活動のため増えてきたようだ。本州で越冬し、シベリアへ北帰行するマガンの中継地は美唄の宮島沼、苫小牧のウトナイ湖、むかわ町田浦の水田などが知られている。ここも中継地なのかも知れない。

●マガン:豊頃町(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A2863-6.jpg

0K6A2857-6.jpg
●シジュウカラガン(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)※
0K6A2843-6.jpg

0K6A2849-6.jpg

●マガンの群れ(FinePix S1)
DSCF4760-3s.jpg
●シジュウカラガンの群れ(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)※
0K6A2892-6.jpg
マガンに混じってたくさんのシジュウカラガンが見られる

同じく豊頃町の道路からつがいの丹頂鶴が歩いているのが見えた。道路脇に停車して撮影を開始したところ、丹頂鶴のダンス(鶴の舞い)をはじめた。1羽の足には標識の足環がついていた。

●鶴の舞い(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A2923-6.jpg

0K6A2932-6.jpg

0K6A2965-6.jpg

0K6A2986-6.jpg

翌日3月21日(月)は、五百仏寺で彼岸会に出席後キトウシ森林公園に向かった。今季、冬鳥があまり来なかった。不完全燃焼である。キトウシ森林公園内の閉鎖されている車道は、かなり雪が消えていたので428をかついで歩いた。道路脇の木に3羽のウソがいた。ぜんぜん逃げないので近くで撮影できた。

●ウソ:キトウシ(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM + EF 1.4x III;560mm F4.0)
0K6A3039-6.jpg

0K6A3094-6.jpg

0K6A3123-6.jpg

その他、逆光気味で遠いヤマゲラがいた。トリミングして提示する。

●ヤマゲラ:キトウシ(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM + EF 1.4x III;560mm F4.0)
0K6A3158-6.jpg

0K6A3171-6.jpg

月と木星が接近して見えた。見かけ上の最接近は2016年3月22日13:01で2°03'まで近づく。夜になってかなり離れてしまったが、350mm望遠で視野ギリギリに収まった。

●月と木星の接近 2016/3/22 21:07(Vixen AP赤道儀、EOS 5DIII + Prominar 350mm, F4.0, ISO640 露出 月: 1/1600" 木星: 0.4"、2枚合成)
moon_jupiter2.jpg
拡大すると木星のガリレオ衛星も写っている

●月齢13.4日 2016/3/22 20:56(EOS 5DIII + Prominar 850mm, F9.6, ISO320, 露出1/320")
0K6A3232-6.jpg
3月23日は満月で半影月食(最大20:47)がみられるが、当地の天気予報は雪となっている。

※シジュウカラガン:当初マガンとして掲載した写真のうち1枚がシジュウカラガンでした。ご指摘頂きましたsadaさん、ramblinさんありがとうございました。写真を見返すと、シジュウカラガンが多数混じっていましたので、その写真を2枚追加して文章を訂正しました。絶滅危惧種であるが、保護活動により増えてきたようだ(2016.3.24)。


インドネシア皆既日食報告 [日食]

2016年3月9日インドネシア皆既日食ツアーに参加した。星ナビ協賛、セブンカルチャーネットワークが募集したテルナテ島コースである。昨年7月、募集定員が80名と多かったため参加しやすかったのだ。結果からいうと、日食のほぼ全経過が見られたから成功だった。ただ皆既日食時薄雲越しだったのはちょっと残念だった。

3月6日(日)13:05 JAL554で旭川発、羽田空港内のロイヤル・パーク・ホテル ザ 羽田で前泊し、3月7日(月)11:45 ガルーダインドネシアGA-875で出発した。夕方ジャカルタ着、市内のホテルでアストロアーツ上山氏による日食事前講座が開かれた。ここ数日、観測地テルナテは午前中晴れているとのこと。3月8日(火)深夜1:40 GA-648でテルナテ島へ向かった。3月8日(火)朝、テルナテ島着。そのまま専用バスで観測地のサッカー場を下見した。蒸し暑く気温32℃、雲量多く不安だった。ホテルはサッカー場の横にあるコーナーパレスホテルとテルナテ市内のブルーバードホテルの2ヶ所、私たち夫妻は前者だった。テルナテ市は日本と時差はなかった。3月9日(水)朝5:00ごろ目覚めた。日の出前で暗かった。ホテル前に出てみると星が見えていた。ひょっとしたらこのまま晴れるのか、嬉しくなった。6:30撮影機材をadidasの大きなバックに入れてサッカー場まで持って行った。各人用に椅子が用意されていた。

●撮影機材
IMG_2263-iP6.jpg

IMG_2262-iP6.jpg

当日も雲が多かったが、第1接触の8:36前には太陽のある部位は広く晴れてきた。今回こそ晴れた状態での皆既日食が見られるのではないかと期待された。ところが、皆既日食の第2接触(9:51:38)前に雲が広がってきた。第2接触〜第3接触(9:54:23)は薄雲ごしの観察となってしまった。皆既終了後から第4接触までは、また雲がはずれて広く晴れてきた。

●連続食分撮影 2016/3/9 8:37:55〜10:27:55 5分ごと(皆既9:54:10)EOS 7D + EF-S 15-85mm (29mm), F4.5, ISO200, 露出1/640"〜1/10", 皆既1", PhotoShop CS5にて比較(明)合成
Serial_Eclipse160309.jpg
練習をいかせず、カメラの角度を誤り、後半が視野外になった。撮影開始時に太陽を画面下端にしておけば全体が入る計算だった。さらに、皆既中フィルターの取り忘れに気づき、皆既の撮影時刻がずれた写真になった。

コロナを目的とした赤道儀による撮影のほうは雲による露出調整が難しく、単純に撮影することに変更した。雲は第2接触時に厚く、第3接触にかけて薄くなっていったようだ。このため露出は2秒→1秒→0.5秒に減らした。

●日食の全経過 2016/3/9 8:36:28〜11:19:28(EOS 5DIII + Prominar 850mm, F9.6)
[第1接触〜第2接触前] ISO400, 露出1/800〜1/10秒, アストロソーラーフィルター装着
eclipse2016_1.jpg
左上から8:36:28, 8:46:58, 9:01:58, 9:16:58, 9:31:58, 946:58

[第2接触〜第3接触] 第2接触は雲のため撮影できなかった。アストロソーラーフィルターなし
eclipse2016_2.jpg
ISO100, 露出2秒 左:9:52:38 右:9:53:03

eclipse2016_22.jpg
ISO100, 露出1秒 左:9:52:38 右:9:53:03

eclipse2016_23.jpg
ISO100, 露出0.5秒 左:9:54:23 右:9:54:23

[第3接触後〜第4接触] ISO400, 露出1/200〜1/800秒, アストロソーラーフィルター装着
eclipse2016_3.jpg
左上から9:59:28, 10:14:28, 10:29:28, 10:49:28, 11:04:28, 11:19:28

●FinePix S1による動画撮影(第2接触前〜第3接触まで)2016/3/9 9:51:33〜9:54:33


●iPhone 6 plusによる動画撮影(第2接触前〜第3接触後まで:奥さん撮影)

今回のインドネシア皆既日食はスラウェシ島へのツアーが全経過快晴になったようである。今回参加したツアーはホテルの状態が日本のホテルに比べるとサービス、水回り、清掃などの問題があったが、全体としては費用も安く抑えられ、参加しやすく工夫されていた。ただ、せっかくの海外旅行だから、費用は増えてもオプショナルツアーの充実したツアーを選択すべきだったかも知れない。宗教上の理由でテルナテ島内では飲酒が制限されていたため、ツアー会社でインドネシアのBINTANGビールを持ち込んでくれていた(2016/3/19記事修正)。


皆既日食へ出発前日のオジロワシとシマエナガ [日食]

インドネシアのテルナテ島へ出発日は3月7日朝。羽田空港内のホテルで前泊するため、旭川発は3月6日である。旭川出発の前日、朝早く目が覚めた。快晴だった。4日後に日食をおこす月が綺麗に見えていた。

●夜明け前(月齢25.3)2016/3/5 5:43 EOS 7D, EF-S 15-85mm (28mm), F5.6, ISO800, 1/60"
IMG_2462-75.jpg

朝のリクとボンの散歩中、東部中央公園で鳴いていたシジュウカラとヒヨドリを撮影。

●シジュウカラ(FinePix S1)
DSCF4566-5s.jpg
●ヒヨドリ(FinePix S1)
DSCF4571-3s.jpg

先週行なった日食の連続食分撮影の練習では、EF-S 15mmでは太陽が小さすぎるように思った。そこで、50mmでやってみた。自動撮影なので、今回もキトウシに向かった。旭川を出てすぐ、道路脇の木の上にオジロワシが留まっているのを奥さんが気づいた。

●連続食分撮影の練習
IMG_2198-iP6.jpg

●オジロワシ(FinePix S1)
DSCF4585-3s.jpg

いつものようにキトウシ森林公園で待っているとシマエナガがやってきた。今回はかなり近くで撮影できた。最後にコゲラを撮影後、日食観察時に使う旅行用のテーブルを買いに行った。

●シマエナガ(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM + EF 1.4x III;560mm F4.0)
0K6A2121-6.jpg

0K6A2139-6.jpg

0K6A2151-6.jpg

0K6A2156-6.jpg

0K6A2157-6.jpg

0K6A2190-6.jpg

●コゲラ(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM + EF 1.4x III;560mm F4.0)
0K6A2200-6.jpg

連続食分撮影のシムレーション結果である。EOS 7Dで5分ごとに撮影した場合、EF-S 15mmと50mmの違いは以下の如くであった。左はEF-S 15mmで、縦画面で太陽は63個、右はEF-S 50mmでは太陽は20個ほど写る。第1接触から第4接触までの日食の全経過は2時間45分なので、5分おきで33個の太陽が撮影できれば良い。

この結果から、太陽が5分ごと33個で縦画面いっぱいになる焦点距離は28〜29mmと推定された。そこで、今回は30mmで撮影することにした。ただし快晴でなiい場合は連続食分撮影は中止するつもりだ。

●連続食分撮影のシムレーション 左:EF-S 15mm 右:EF-S 50mm
serial_eclipse15_50.jpg

連続食分撮影練習とキクイタダキ・シマエナガ他 [日食]

インドネシア皆既日食への出発まで一週間を切った。「蚊に効くおそとでノーマット」と「どこでもベープNo.1未来セット」がやっと届いた(二人分)。これでインドネシア皆既日食の準備は、持っていく機材については終了した。後はスーツケースへの収納と日食撮影のシナリオ作製だ。野外蚊取り装置は、皆既日食遠征やジカ熱流行地に行く方が買っているためかたいへん品薄になっている。

●野外蚊取り装置と虫よけスプレー
IMG_2191-iP6.jpg

2月28日(日)旭川は久々に青空になった。自宅バルコニーの雪かきをして、連続食分撮影の試し撮りをした。リモートコントローラーで5分間隔で撮影した。日食のはじまりから終わりまで2時間44分なので、3時間くらい撮影してみた。自動撮影なので、その間、キトウシ森林公園に野鳥撮影に行った。

●連続食分撮影練習とキトウシで野鳥撮影
eclipse_kitoushi.jpg

EOS 7D + EFS 15-85mmの15mmを用いアストロソーラーフィルターを着けて撮影した。3時間で十分収まる画角だった。インドネシアでは太陽がほぼ垂直に登るから、実際の撮影では縦位置にする必要がある。また、日食の進行とともに露出調整も必要になるはずだ。

●連続食分撮影練習 2016/2/28 9:31〜12:41 5分間隔(EOS 7D + EFS 15mm, F3.5, ISO200, 1/2000")
practice2.jpg
PhotoShop CS5による比較(明)合成。後半、雲により途切れている。

晴れているので、キトウシ森林公園に久しぶりに428を持って行った。最近毎回出遭うキクイタダキの他、ミヤマカケス、ハシブトガラ、コゲラを撮影できた。

●キクイタダキ(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM + EF 1.4x III;560mm F4.0, ISO400)
0K6A1781-6.jpg

0K6A1782-6.jpg

0K6A1783-6.jpg

0K6A1810-6.jpg

0K6A1811-6.jpg
●ミヤマカケス
0K6A1839-6.jpg
●ハシブトガラ
0K6A1846-6.jpg
●コゲラ
0K6A1884-6.jpg

林の中にシマエナガが数羽飛んでいった。そろ〜っと移動した。かなり近くで撮影できた。同じ木にヒガラもやって来た。

●シマエナガ(EOS 5DIII + EF400mm F2.8L USM + EF 1.4x III;560mm F4.0, ISO400)
0K6A1989-6.jpg

0K6A1990-6.jpg

0K6A1991-6.jpg
●ヒガラ
0K6A2016-6.jpg


3月1日(火)深夜、寝ようとしたら月が見えた。撮影直前に雲に隠れたのでしばらく待って撮影。この月が新月になると日食を起こす。

●月齢21.1日 2016/3/1 2:30(EOS 7D + Prominar 850mm, F9.6, ISO 640, 1/125")
IMG_2360-6.jpg