So-net無料ブログ作成
検索選択

少ない夏鳥たち:ベニマシコ・ノビタキ・モズなど [野鳥]

どうにか晴れた時間帯に見ることが出来た2015年のペルセウス座流星群。その後はずっと曇っているか、または晴れても雲が多くて、8月14日に届いたスカイメモSによる試し撮りはできない状態が続いている。ここ2回の土日に、いつもの探鳥コースを回った。とても少なかったが、撮影できた夏鳥たちを載せておく。

【8月15日(土)】
忠別湖周辺の菜の花畑があったところ。車中でかなり粘った。たくさんいたベニマシコやノビタキは去って行った。わずかに残ったベニマシコ二羽とノビタキを撮影した。

●ベニマシコ♀(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A2720-5.jpg
●ベニマシコ♂(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM)
0K6A2730-5.jpg
●ノビタキ幼鳥FinePix S1)
DSCF1165-3s.jpg
●ノビタキ♀(FinePix S1)
DSCF1164-3s.jpg

昼食に蕎麦を食べようと思い、ここから美瑛を経て上富良野の「まん作」を目指した。美瑛・富良野観光のためと思われる渋滞があり、「まん作」に着くととっくに終了していた。美瑛の「鶴喜」も観光客で混んでおり、さらに旭川に戻って「紅雪亭」に行くと、予約客のみとなっていた。お盆はそば屋が混むようだ。結局いつもの「をん坐」でやっと蕎麦にありつけた。ハマグリ蕎麦というのがあったので注文してみる。大きなハマグリにビックリ。美味だがちょっと塩味が強いかな。

●をん坐のハマグリ蕎麦
IMG_1480-iP6.jpg

【8月16日(日)】
五百仏寺で塔婆供養に出席した後、昨日の忠別湖周辺に向かった。今回は警戒心の強いカワラヒワと、キジバトがいるくらいだった。ここから美瑛の「色彩の丘」へ向かう。曇っていて、あまり景色は良くない。奥さんがスズメとホオアカ、私が車中からモズを撮影。

●スズメ(FinePix S1)
DSCF1201-3s.jpg
●ホオアカ(FinePix S1)
DSCF1224-3s.jpg
●モズ♀(FinePix S1)
DSCF1240-3s.jpg

昼食は「色彩の丘」近くにある「四季の風」でざるそばを摂った(執念の蕎麦 ^^!)。

●美瑛「四季の風」
IMG_1484-iP6.jpg
●ざるそば(卵)
IMG_1482- iP6.jpg

雨が降ってきた。土砂降りになった。ディノスでジュラシック・ワールド3Dを観た。映像はリアル、だが、物語性は良くないかな〜、怪獣映画みたいな。ジュラシック・パークのような科学性、面白さに欠ける。

【8月22日(土)】
忠別湖周辺の菜の花畑跡、前回と同様、警戒心の強いカワラヒワがいるも、近づくと逃げていく。今回は富良野の森へ行くことにする。途中の上富良野町で道路脇に数羽のノビタキが見えた。さっそく撮っておく。

●道路脇のノビタキたち(FinePix S1)
DSCF1314-3s.jpg
●ノビタキ♂(EOS 5DIII + EF400mm F5.6L USM + EF 1.4x III)
0K6A2884-5.jpg

0K6A2883-5.jpg

0K6A2872-5.jpg

0K6A2869-5.jpg

鳥の出が悪くて、何となく富良野の森も徒労に終わりそうだったので、ここで終了とした。

【8月23日(日)】
法事に出席のため滝川市へ。札幌から列車で来た娘と滝川駅で落ち合い、滝川ベルコ会館に向かった。法事終了後の帰り道で、道路脇にいたモズを車内から撮影した(モズ確保 ^^)。

●モズ:滝川市(FinePix S1)
DSCF1353-3s.jpg

DSCF1355-3s.jpg

旭川に戻って、リクとボンの散歩。自宅横の東部中央公園でハクセキレイとシメに出遭った。

●ハクセキレイ(FinePix S1)
DSCF1375-3s.jpg
●枝かぶりのシメ(FinePix S1)
DSCF1395-3s.jpg

【8月25日(火)】
久しぶりに晴れて月が見えていた。自宅バルコニーで撮影しておいた。

●月齢10.9:2015/8/25 20:15(EOS 7D +Prominar 500mm F5.6, ISO320, 1/200")
IMG_0669-75.jpg

医療文書作成ソフトTheご紹介12_5.6.1について [FileMaker]

いつものブログ内容とは異なりますが、ブログタイトルにあるFileMakerに関するお知らせです。Theご紹介は医療文書作成用のファイルメーカーデータベースです。今回、FileMaker Pro 12〜14用のTheご紹介12_5.6.1をリリースしました。CD-R版/USBメモリ版があります。近日中にWeb版もリリース予定です。

詳しくは MedFiles Integrated をご覧ください。


Theご紹介7_5.6.1およびTheご紹介12_5.6.1(CD-R版/USBメモリ版)をにリリースしました 2015/08/26
Theご紹介12_5.6.1は、FileMaker Pro 7〜11用のTheご紹介7_5.6.1をFileMaker Pro 12〜14用に変換したものです。今回のバージョンからCD-R版とUSBメモリ版を用意しました。Web版も出す予定です。

 注1:新版のマニュアルは付属していません。同封した旧版のManual_7を参考にしてください。
 注2:生命保険の入院証明書はWeb版のバージョン7_5.4からは改定していませんのでご注意ください。


Web版のTheご紹介7_5.4からの改定点は以下の通りです。
●書式の改定と追加:
 医師意見書
 訪問介護指示書(別紙様式16)
 精神科訪問介護指示書(別紙様式17)
 特別訪問介護指示書(別紙様式18)
 地域包括ケア病棟入院診療計画書(別紙様式7)
 褥瘡対策に関する診療計画書(別紙3:日本褥瘡学会 DESIGN-R 対応 2013.8.30)
 輸血同意書(別紙様式26)
 血漿成分製剤輸注同意書(別紙様式20)
●入院診療計画書の改定
 入院診療計画書に特別な栄養管理の必要性と地域包括ケア病棟入院料算定用項目を追加
●医療要否意見書の改定
●主治医意見書
 主治医意見書(医師会)と主治医意見書を入れ替えるボタンを新設した。
 主治医意見書(医師会)の不具合修正。
●主治医意見書、医師意見書
 A4両面印刷できるように、半面づつ印刷するように仕様変更した。
●診療情報提供書:自由記載
 表題(紹介目的 主訴 既往歴 家族歴 嗜好 症状経過、検査結果および治療経過 現在の処方)だけをゴシック、明朝に変更できるボタンを新設した。自由書式と様式12-2を入れ替えるボタンを新設した。
●テキストクリップ:
 認知症高齢者の日常生活自立度の判定基準表(平成5年10月26日 老健第135号 厚生省老人保健福祉局長通知)を追加
●処方せんの改定
 処方箋様式第二号の改正に準拠:2012/04/01の処方せん様式第二号の改正に準拠した。
 「高一」と「高二」の自動判別 :平成26年4月改定により、平成26年4月1日以降に70歳になる被保険者(誕生日が昭和19年4月2日以降の方)については、70歳〜74歳のあいだ療養に係る一部負担金等の割合が2割になった。「高齢一」ボタンをクリックしたとき、負担区分が自動的に「高一」か「高二」に設定される。
●テキストクリップ:
 認知症高齢者の日常生活自立度の判定基準表(平成5年10月26日 老健第135号 厚生省老人保健福祉局長通知)を追加。

ペルセウス座流星群:2015 [流星群]

月明かりのない最良の観察条件である今年のペルセウス座流星群。ところが大気の状態が不安定で、しばらく天候不良がつづく予報だった。ピークは8月13日(木)午前2時〜3時、8月14日(金)午前2時〜3時であるが、晴れていれば深夜に限らず、見られるときに見ることにした。

予報通り8月9日(日)〜8月10日(月)は曇った。8月11日(火)は天気予報は良い方向にはずれて、夕刻から晴れてきた。仕事を終え、夕食後旭川空港付近の観測場所にかけつけると午後9時だった。ポータブル赤道儀CD-1 plusセットし、天頂の夏の大三角形を中心に撮影を開始した。曇ってきた午後10:20頃まで撮影を続けた。ペルセウス座流星群の流星は1個写っただけだった。

●ペルセウス座流星群の流星:8月11日(火)21:39 EOS 5DIII + Sigma EXDG20mm F3.2 ISO5000 30秒
0K6A2307-4.jpg
画面上段中央に流星

8月12日(水)は日中は激しい雨が降った。十勝岳で登山客が動けなくなり、全国ニュースになったほどだった。が、またも天気予報と違って夕方から晴れてきた。午後8時、自宅を出るときは晴れていた。ところが旭川空港付近の観測場所に着くと曇ってしまった。しばらく待った。う〜ん駄目だ、午後9時頃一旦引き上げることにする。途中空を確認しながら帰宅。自宅に着くと急速に晴れてきた。即刻観測場所にとんぼ返り。ところが、現地に着くと逆に急速に曇で覆われてしまった。今度は晴れるまで待つことにする。午後10時10分頃、東側の空の雲が切れ、だんだん晴れてきた。

●雲の切れ間のペルセウス座流星群の流星:8月12日(水)22:20 EOS 5DIII + Sigma EXDG20mm F2.8 ISO3200 30秒
0K6A2372-5.jpg
流星の右上にアンドロメダ大星雲

●ほぼ晴れた東の空:8月12日(水)22:35 EOS 5DIII + Sigma EXDG20mm F3.2 ISO3200 30秒
0K6A2393-5.jpg
画面下段右の線状影は人工衛星

この後、時々雲が横切るが概ね晴れていた。活発な流星の出現が見られた。曇ってしまった午後12時頃まで10個の流星を撮影することができた。湿気が強くて撮影しているうちにレンズが曇ってしまい、せっかく写った数個の流星写真がボツになった。肉眼では、20個以上の流星が観察できた。以下にペルセウス座流星群の流星6個の写真を示す。撮影条件はいずれもEOS 5DIII + Sigma EXDG20mm F3.2 ISO5000 30秒である。

●流星1:8月12日(水)22:38 画面中段中央にアンドロメダ大星雲、中段左にペルセウス座二重星団
0K6A2396-5.jpg

以下の流星2〜4はアンドロメダ大星雲付近にみられた流星で、2倍にトリミングして示す。

●流星2:8月12日(水)22:48 流星の右にアンドロメダ大星雲、画面左下にペルセウス座二重星団
0K6A2414-5.jpg
●流星3:8月12日(水)23:15
0K6A2459-5.jpg
●流星4:8月12日(水)23:17
0K6A2463-5.jpg

以下の流星5,6は同一の構図に写った明るい流星である。画面上段はくちょう座、中段下方カシオペア座、画面下段ペルセウス座付近となる。

●明るい流星5:8月12日(水)23:29
0K6A2483-5.jpg
●明るい流星6:8月12日(水)23:39
0K6A2499-5.jpg
●流星5と流星6の合成PhotoShop CS5による比較(明)合成
Peruseus.jpg

8月13日(木)も夕方から晴れ、午後9時頃には旭川空港付近の観測場所に着いた。空全体にモヤがかかったような明るさがあり、赤みがかった写真が多くなった。雲の少ない部位を狙って撮影を繰り返し、ペルセウス座流星群の流星は7個撮影できた。空の状態のため、あまり良い写真にならなかった。うち2個の流星(流星1、流星2)を下に示す。今回も撮影はEOS 5DIII + Sigma EXDG20mm F3.2 ISO5000 30秒である。午後10時30分頃にはほとんど撮影できる晴れ間はなくなり、午後11時30分に帰路についた。

●流星1:8月13日(木)21:45
0K6A2616-5.jpg
●流星2:8月13日(木)22:01
0K6A2643-5.jpg

今年のペルセウス座流星群は、雲こそ多かったが、晴れた時間帯に集中的に流星を観察できた。車内で晴れるのを待っている時間は長かった。しかし、その甲斐あって、ここ数年でもっとも多くの流星を撮影できた。

来年のペルセウス座流星群も好条件のようである。今回は間に合わなかったが、日食遠征にも使用する目的で、KenkoスカイメモSを購入した。今後の流星群撮影でも活用していきたい。

ペルセウス座流星群の前哨戦と夏鳥たち [流星群]

今年のペルセウス座流星群は、極大となる8月13日前後が月明かりの影響のない最良の観察条件となる予定だ。理論的ピーク時刻は8月13日(木)15時で、日本では昼時刻である。出現流星数は明け方の方が多くなるので、日本でみられるピーク時刻は8月13日(木)午前2〜3時頃、8月14日(金)午前2〜3時頃と予想される(天文ガイド2015年9月号p1〜p3)。

ところが8月8日(土)時点での天気予報では、旭川は8月12日(水)曇り、8月13日(木)曇り時々晴れ、8月14日(金)曇り時々晴れとなっていた。ピーク時は曇っていて、まったく撮影できない可能性もある。8月8日(土)の夜は雲は多めだったが晴れていたから、ピーク前のペルセウス座流星群を撮っておくことにした。8月8日(土)21時、奥さん運転で旭川空港付近の観測地に向かった。

ポータブル赤道儀CD-1 plusを用い、EOS 5DIII + Sigma 20mm EXDGで露出30秒づつで同じ視野(夏の大三角形を中心に)を152枚連続撮影した。流星は3個、人工衛星か流星か判断の難しものが2個写っていた。ペルセウス座流星群の流星と思われるもの2個、散発性の流星1個だった。

●散発性の流星(左上) 2015/8/8 22:46 F3.2, ISO 5000, 露出30秒
0K6A2115-4.jpg
●ペルセウス座流星群の流星(中央左)とこと座(下方中央) 2015/8/8 21:44 F3.2, ISO 3200, 露出30秒(トリミング
0K6A2023-4.jpg

先週末、忠別湖付近の菜の花畑があったところで野鳥を撮影してきた。8月7日(金)と8月10日(月)は奥さん単独、8月8日(土)は一緒に撮りにいった。

●忠別湖付近の撮影地
DSCF1096-3s.jpg

●モズ(EOS 5DIII + EF400mm:2015/8/8)
0K6A1977-4.jpg

0K6A1972-4.jpg

●ノビタキ♂FinePix S1:2015/8/7)
DSCF1013-3s.jpg
●ノビタキ♀(FinePix S1:2015/8/8)
DSCF1074-3s.jpg
●ホオジロ(FinePix S1:2015/8/7)
DSCF1040-3s.jpg
●ベニマシコ♂(FinePix S1:2015/8/8)
DSCF1075-3s.jpg
●ベニマシコ♀(FinePix S1:2015/8/10)
DSCF1114-3s.jpg
●ノビタキ♂(FinePix S1:2015/8/10)
DSCF1148-3s.jpg


天国と天の川、そしてシマリス・ヤマゲラ・カワセミ [日記]

パシフィコ横浜で7月30日・7月31日に開催された第56回日本人間ドック学会に出席した。当院からは2演題の発表があった。7月31日横浜中華街で打ち上げ後、山下公園埠頭で空を見上げると、今月2回目の満月ブルームーンが綺麗に見えていた。翌日の講習会を受講し、8月1日(土)17:55発のJAL便で帰旭した。羽田を離陸して少したった18:20、太陽を隠す雲と陽光とその影が天国のイメージに見えた。

●天国?:2015.08.01 18:20(iPhone 6 plus)
IMG_1437-iP6.jpg

旭川に着いた夜半過ぎ晴れてきた。

●1日過ぎのブルームーン 2015.08.01 24:13(EOS 7D + Prominar 500mm F5.6 ISO 320 1/320秒)
IMG_0614-75.jpg

8月2日(日)久しぶりに黒岳に行った。もちろん野鳥狙いだから、本格的登山ではない。層雲峡の黒岳ロープウェイで5合目の黒岳駅まで、そこからリフトで7合目まで上がる。黒岳駅を降りたところで、ホシガラスの声が響いていた。木々に隠れて見つけ出せなかったが、数羽のホシガラスが飛んでいくところは見えた(涙)。

リフトで降りた7合目には、野鳥を観察できる旭岳のような遊歩道はなく、あとは頂上まで登山するのみとなる。登山靴も履いておらず軽装できてしまったので、奥さんと相談の上、ここでお茶を濁すことにした(爆)。

●黒岳駅
DSCF0885-3s.jpg
  私↑
●7合目へのリフト
DSCF0888-3s.jpg

黒岳7合目は狭いスペースがあるだけで、探鳥は無理だなと思っていたら、シマリスが走り回っていた。どうも餌付けする登山者がいるらしく、ヒトのすぐ近くにやって来る。iPhoneでも撮影できる距離だ。

●近寄ってくるシマリスFinePix S1)
DSCF0955-3s.jpg
↑私  

●シマリス(EOS 5DIII + EF400mm)
0K6A1787-4.jpg

0K6A1825-4.jpg

黒岳駅で遅い昼食を摂って、層雲峡をあとにした。途中、上川町で上川公園に寄った。上川公園は、2011.12.3に山中で脱輪して動けなくなり、JAFのお世話になって生還した苦い思い出の場所だ(生還!エスポワールの鐘とありがとうJAFさん)。公園内に人影はなく、この暑さでは野鳥もいないかなと思いながら歩いていると、3羽のヤマゲラに遭遇した。ヤマゲラは日本では北海道だけに生息するアオゲラに似たキツツキで、ブラキストン線(動物分布の境界線としての津軽海峡)の根拠となった鳥の一つである(大橋弘一:北海道野鳥ハンディガイド pp76、北海道新聞社2009)。

●上川公園(iPhone 6 plus)
IMG_1476-iP6.jpg
●ヤマゲラ(EOS 5DIII + EF400mm)
0K6A1940-4.jpg

0K6A1893-4.jpg

0K6A1890-4.jpg

旭川に戻りセキスイハイム社に直行した。自宅の外装修理の相談をすることになっていたのだ。自宅に戻ってリクとボンを連れて東部中央公園内を散歩した。曇ってきた上に日没後だったから、かなり暗かった。公園の池に、突然カワセミがやって来た。FinePix S1で撮影したが、遠くて暗いためか、なかなかフォーカスが合わない。散歩の時、必ずカメラを持ち歩くようになったのは、2010年8月にここでカワセミを見たのがきっかけだった。苦節5年、とうとう自宅横の公園でカワセミを撮影できたのだ。

●東部中央公園の池(FinePix S1)
DSCF1002-3s.jpg
↑遠いカワセミ

●カワセミ(FinePix S1)
DSCF1004-3s.jpg

夜、だんだん晴れてきた。昨日に引き続き、2日過ぎのブルームーンを撮影。もはやブルームーンとはぜんぜん関係ない(爆)。

●2日過ぎのブルームーン 2015.08.02 22:49(EOS 7D + Prominar 500mm F5.6 ISO 320 1/400秒)
IMG_0623-75.jpg

当方と同じような興味対象を持っているNoriさんに、天の川のコントラストを上げる画像処理方法を教えていただいた(noriの写真日記2015-7-26コメント)。先月撮影した天の川の写真(2015/7/8 23:11 EOS 5D III + Sigma EXDG 20mm, F3.2, ISO1250, 90秒, CD-1+)を、この方法によりPhotoShop CS5で処理してみた。なるほど、これはいけそうだ。

●画像処理前の天の川
0K6A0678-4t0.jpg
●画像処理後の天の川
0K6A0678-4t2.jpg